2010年05月22日

米コロムビアのレーベル変遷(その3)

 
1970年代入ると私にとってお馴染みのレーベルになる。

初期盤を知らずに中古レコードを集めていた頃の、米コロムビア
といえばこのレーベルのイメージが強い。

6-M32932.jpg
6.グレー/オレンジ文字(M32932)

グレー地にオレンジのCOLUMBIAの文字が外周を囲んで
いて、目玉が6個あるので6目ともいえるが、誰もそうは呼ば
ない。

頭文字もMSからMに変更され、5桁になる。

1980年代中頃までこのレーベルらしいが、このレーベルのデジ
タル録音盤を持っていないし、有無すら分からない。
(情報をお待ちしております)


私の知るデジタル録音盤のレーベルといえばこのデザイン。

7-IM37779.jpg
7.ブルー/白文字(IM37779)

グールド、C.クライバー、T・トーマス、ペライヤ等のレコード
があるが、録音がよく、初期盤とは異なる魅力があるが、
その一方でCDでもいいかな とも思っている。


時代が少し遡るが4チャンネル盤はこのレーベルになる。

8-MQ33508.jpg
8.金/赤文字(MQ33508)

金地に赤文字でCOLUMBIA QUADRAPHONICの
文字が外周を囲んでいて、目玉とSQがそれぞれ2個ずつ
ある。

4チャンネルの話題になるといつも互換性の大切さを思う。

もし、2チャンネルで再生が出来なかったら、これらのレコ
ードは使い道がないのだから。

モノ作りは、壊れない、廃れないをモットーにして欲しい。

それを大切に使い続けることは我々の責任だが。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | レーベル 米COLUMBIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

米コロムビアのレーベル変遷(その2)

 
米コロムビアは、1960年代の初めに”360 SOUND”という
キャッチコピーを高品質レコードの証として使用を開始
する。

正確にはモノラル時代にジャケットに使用されていたの
で、”復活”というほうが正しい。

まあこれは、米RCAヴィクターの”LIVING STEREO”を
多分に意識したものだと思うが...

このとき6つあった目玉が2つになり、9時から3時までの
外周にこの”360 SOUND STEREO 360 SOUND”と2つも入る。

ただキャッチコピーほどの技術革新があったとは思えず、今
ひとつコレといった特徴がなく、6目の方が良かったと思っ
ている。


最初はこの文字が黒色で矢印がないタイプ。

3-2iB MS6408.jpg
3.2目 黒文字(MS6408)

MS6350〜6500辺り(1963年頃まで)がこのレーベル。
矢印有り無し詳しい境界線はよく分かりません。


1963年後半から同じ2目黒に矢印が付く。

4-2iB MS6765-6.jpg
4.2目 黒文字 矢印あり(MS6765−6:M2S728)

MS6500〜6800辺り(1963〜65年頃)がこのレーベル。
番号が若くても次の白文字というのもあるようで、これまた
詳細は不明。


1965年頃から文字が白色に変わる。

5-2iW MS6888.jpg
5.2目 白文字(MS6888)

MS6800〜7500辺り(1965〜70年頃)がこのレーベル。
7443までは確認しています。

2目のレコードは、黒文字、白文字といっても大差なく、特別
”音がいい”とも思えず、ワルターやオーマンディ、グールド
といった演奏者がいるから持っているといった感じ。

2010.06.18 改訂

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レーベル 米COLUMBIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

米コロムビアのレーベル変遷(その1)

 
米コロムビアは1888年、ノース・アメリカン・フォノグラフ
の子会社コロムビア・フォノグラフとして創立され、1906年、
社名をコロムビア・グラフォフォンと改称。

ややこしいのはコロンビア系(米コロムビア、英コロンビア)
は「グラフォフォン」。グラモフォン系(英HMV、DGG)
は「グラモフォン」と蓄音機の名称も似ているし、EMIは
英コロンビアと英HMVの合併会社。

合併したり、提携したり、別れたりとレコード会社はドロドロ
した人間関係を見ているよう。

有名なニッパー君も、グラモフォンの登録商標なのに米RCA
と英HMVが使用し、DGGはイエローチューリップレーベル。
(LP時代の話です。)

今回の米コロムビアは6目とか、6eye(シックスアイ)と呼ば
れ、グレー地に、黒と白の三色の地味な組み合わせで美しさか
らは程遠い。


6iMS6008-M2S601.jpg
1、6目(MS6008:M2S−601)

MS6001〜6350までがこのレーベルといわれ、6349
までは確認している。

そのサウンドはしっとりとした濡れた弦が艶を伴ってさわやか
に広がり、澄んだ空気感がある。 響きが厚く、重厚感がある
のに、重く引きずる感じがしない。

中には、弦の音色がやや乾いた感じのレコードもあって、6目
全てが両手を広げて賞賛できる訳ではない点は注意が必要。

M2Sとは2枚組のレコードにつけられる別ナンバーで、これ
はこれで通し番号が付く。(3枚組はM3S)


同じデザインで12時の位置にある矢印の中にCBSと入ってい
るものがある。

6i MS6219-6i.jpg
2.6目CBS(MS6219)

1961〜62年に使われたようで、初期のスタンパーで、CBSの
入っているものを見たことがない。だから本盤も2ndレーベ
ルになると思う。しかし、あまりCBSロゴの有無が気にされ
ている感じはない。

この放送局のCBSはもともと米コロムビアが1927年に設立し
たものだが、1938年にその子会社に買収され、米コロムビアは
CBSの傘下に入る。

だから1948年のLP発売時点ですでにCBSの傘下にいたので、
如何なる理由で”CBS入り”が出来たのかは詳細不明。
(詳細をご存知の方、コメントをお願いします)


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レーベル 米COLUMBIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。