2010年08月25日

紙一重


ここ数日、音のバランスがよろしくない。

どうもピントがビシッと合わず、音像が滲んでやや右側に引っ
張られる感じ。

家族がいないので、好きな音量で聴けるせっかくのチャンスな
のにもったいない話。

 ご機嫌ななめなのかなぁ〜

なんて思いながらもそのままにしていた。

マッキントッシュMC500のメーターを見ていると左右のバラ
ンスにズレがないし、マッキントッシュC40のMODEセレク
ターの左右を反転しても変わらない。

ということはスピーカーに問題がある可能性が高い。

子供たちが大きくなり、カートリッジのカンチレバーを折るよ
うな致命的な被害はなくなったが、かくれんぼ遊びなどをされ
るとスピーカーは簡単に動いてしまう。

そんなことを考えながらB&Wマトリックス801S3を何気
なく見ていたら

 なんじゃこりゃ!?

って感じのものが...

〜B&W-e.jpg

スピーカーの上に息子が夏休みの宿題で描いたポスターが乗っ
ていたのに、大きすぎたせいか全く気づかなかった。

絵は一緒に描いたので知っていたが、まさかスピーカーの上に
無断で乗せているとは夢にも思わなかったので...

さてこのポスターを外して聴いてみると、今までの不満がウソ
のように音像が締まって、左右のズレも解消した。

まさに紙一重。

実は同じ話題をkaorin27さんもブログに書かれていて、部屋の
美しさはとても比べ物にならない我が家と同じ問題を抱えてお
られていることを知り、

 俺も一丁やったろかー!

という気になっているのだが、移動先がないんですよねー。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


ラベル:B&W 801
posted by メタボパパ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

タンノイオートグラフとともに


お盆にはお墓参りのほかに重要な任務が待っている。

それは離れて暮らしているオートグラフの調整である。

たまにしか聴かないオーディオ装置は接触不良があったり、な
んとなく覇気のない音になりがちで、しばらくは我慢して聴く
状態が続く。

今回は、ノイズが音に乗っていて細かい情報がマスクされてい
た。しかも、CDではこのノイズがなくクリアーでアナログ・
レコードのみに発生。

アナログ系の接点を磨き、再び聴くと多少よくなった気がする
が、まだノイズが残っている。

こういう場合、通常なら次に何をやるか考えて行動を起こすの
だが、今回はこれといってすべきことが頭に浮かばなかったの
でそのまましばらく聴いていた。

〜AU-111.jpg

するとポッと音量が上がり、見通しがよくなった瞬間、今まで
のノイズは消え、音楽が自然に流れるようになった。

待ってましたとばかりに聴きたかったレコードを次から次にか
け、しばし幸福のひととき。

すると、次にあれやってみよう!とやりたいことが出てきたの
で、それに素直に従う。

続きは次回に。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 07:51| Comment(4) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

週末デート2 〜 タンノイオートグラフで決着!


カラヤン週間になってしまったが、B&Wマトリックス801V
では仏初期盤が最もいい結果だった。

現在レコードを600枚に減らす必要があり、我が家に同じ演奏
のレコードを複数持つことは禁止したので、生産国違い、スタ
ンパー違いは実家に預けるか、売ることにしたので、この若き
カラヤン盤のどれを残すかがをタンノイオートグラフで確認し
た。

ta2.jpg
実家の装置(タンノイオートグラフはモノラルの一本使い)

その結果、独盤と実家の相性が悪く二進も三進もいかず、英盤
はアキュフェーズC240で200Hzを-4、-6dBすることでうまくい
くことが分かったので、下記の通りにした。

フィガロの結婚:仏盤→実家へ、独盤→我が家へ
魔笛:仏盤→我が家へ、英盤→実家へ
ロ短調ミサ:仏盤→我が家へ、英盤→実家へ

長かったが楽しくもあった1週間で、若きカラヤンの素晴らし
い演奏を堪能したし、モノラル盤でも十分に鑑賞に値すること
を改めて再確認できた。

フィガロはE.クライバー、魔笛はクレンペラーとショルティ、
ロ短調はK.リヒターとクレンペラーがいて、何れも甲乙付け
難いが若きカラヤンも勝るとも劣らない名演。

モノラル時代のカラヤンも是非見直して頂きたいと切に思う。

なお、今回は一人で実家に行ったのだが、孫が来ないとここま
でテンションが下がるのかと思うほど、母の態度が変わること
も新たな発見だった。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。