2011年02月11日

タンノイオートグラフの修理見積もり


先日、GRFのある部屋さんからご紹介いただいた業者さんからタンノイオートグラフのメンテ見積もりが届いた。

ta1.jpg

予想以上の金額だったが、オートグラフをメインにすると決めたので、フルメンテをお願いしようと思っている。

となると、少しでも足しになるように、いくつかのオーディオ装置を手放すしかない。

小型スピーカー、ADプレーヤー、LDプレーヤー、アンプ、チューナー、プロジェクター、スクリーン等々。

業者さんに全て下取りで出すか、オークションに出品することになる。

そこで悩ましいのは、JBL、アルテック、B&Wの大型スピーカー。

この3台のうち、B&Wを残したいと思っているのだが、奥さんは残すならJBLがいいという。

 私:B&Wに愛情とか湧かないの?
 妻:断捨離、断捨離。
 私:結婚のときに買って以来、一緒にいたスピーカーだよ。
 妻:スピーカーがなくなっても私たちの愛は変わらないわ。うふん。
 私:愛情なんて激減じゃん! 変わってるじゃん。
 妻:いや、いや、元々その程度だったから。
 私:...。
 妻:でも、オートグラフの黄ばんで、破けそうなサランネット
   どうにかなんないの? いっそ、全部売ってキングダム
   を買っちゃえば。
 私:...。

てなやり取りがあったのだが、こんなにオーディオ好きな旦那の奥さんを10数年やっているにも係わらず、オーディオに対し、まったく関心を持たないというのも寂しい限り。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

出てくる出てくるスピーカー


タンノイ、JBL、アルテック、B&Wの大型スピーカーの他にも
実はスピーカーがあった。

その多くはサラウンド用として使用していたもので、ほとんど
はタンス(にはないけど)の肥やしになっている。

一度AVアンプとともにJBLの小型スピーカーを知人にあげ
て整理をしたつもりだが、部屋を整理していくと、まだまだ残
っていた。

保管しているだけならまだしも、音楽を鳴らすという、本来の
用途以外で使用されている例もある。

ヤマハのスーパーウーハーは電話機の置き台。JBL4312
はB&Wの台、ボーズのウーハーはTV台といった具合に。

〜4312.jpg

引越し後のB&Wは未定だが、それぞれの置き台は用意される
のでこれらのスピーカーの身の振りについても検討が必要。

これらのスピーカーを全て買わなければ、もっといいのが買え
たのに!といった言葉が頭を過らないわけではないが、買った
ときの喜び、鳴らしたときの喜びを与えてくれたのも事実。

他人様からは滑稽に見えるだろうが、当人は至って幸せなのが
始末に困る。

やはり思い切った整理が必要なのだが、幸い思い入れが浅いの
で、このあたりはオークションで安く出品しようと思っている。

奥さんは

 小さいスピーカーを残して大きいスピーカーを売ったら。
 その方が部屋が広くなるじゃん。

な〜んて言って、こっちの気持ちを全く理解してくれない。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

タンノイオートグラフについて思うこと


タンノイオートグラフでオリジナルエンクロージュアの場合、アホ
みたいな高値が付く。

先日(今も?)、オートグラフのオリジナルがオークションに、
出品されていたが、見ただけで悲しくなる状態だったのに、か
なりの数入札されていた。

オリジナルが生産終了したのは、約40年前。

エンクロージュアの平均寿命はよく分からないが、オートグラフ
のような複雑な構造は、初期性能を維持することが難しく、案外
寿命が短いような気がする。

ウチのオートグラフはTEAC製エンクロージュアでHPD385A
の入ったものなので、1976〜78年頃作られているが、それでも
30年以上経っている。

ta2.jpg

このオートグラフのエンクロージュアもかなりガタがきていて、
ネジが利かないところや、ネジ自体の酸化もチラホラある。

その後登場するK3808入りのオートグラフも、かなり状態の
悪いものを何台か見てきた。

そんな状態だからこそ、それ以上前のオリジナルで程度の良い
ものが、果たしてどれだけあるのか疑問になる。

実は悲惨な状態なのにオリジナルというだけで、神格化してし
まい、それで”いい音”だと思い込んではいないだろうかと。

もしも五味康祐さんがあそこまでタンノイを支持しなかったら、
オリジナル以外はダメだと言わなかったら、今ほどオートグラフ
のオリジナルが高価になったとは思えない。

同様にレプリカモデルが氾濫することもなかっただろう。

WEを聴かせて頂き、素晴らしい音に興奮してブログに書いた
けど、その音を維持するためにどれ程の部品からいいとこ取り
して組み上げたのかは、その部屋を見れば一目瞭然。

WE555だけでも3、4個はあったし、コンデンサー類もゴロゴ
ロしていて、何が貴重なのか分からないほど。

私自身、オリジナルのオートグラフが欲しいと常々思っていた
が、とてもこのようなメンテは出来ない。

また、何度かオリジナルのオートグラフを聴いて、その音がい
いと思った経験がなく、実はTEAC製の方が自分に合ってい
るような気もしていた。

かたやチョイ聴き、かたや20年以上の付き合いなので公平な
判断ではないけど...

そんなこんなで今あるウチのオートグラフをフルメンテして大
切にしようと思い、GRFのある部屋さんが業者さんをご紹介し
て下さり、現在見積もり中。

同時期に修理をお願いしていたマッキントッシュMC240の方
は、kaorin27さんが快く承諾してくださり、メンテして頂けること
になった。

お二人には感謝するとともに、メンテ後に色々やって、いい音
になった暁には、是非とも聴いて頂きたいと思っている。

ブログっていいな! と思う今日この頃。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:38| Comment(1) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。