2011年08月16日

なんで?昔は気にしなかったの? 〜アルテックModel14


現在のスピーカーは大概、シンメトリックなデザインか、左右対称になっているが、昔のスピーカーの中にはそうなっていないものがある。

例えばタンノイオートグラフとB&Wマトリックス801S3はシンメトリックで、JBL S3100は左右対称なのに対し、アルテックModel14はマンタレーホーンが向かって左側に寄っていて、サランネットをつけていると分からないが、シンメトリックでもないのに、左右対称でもなく、いうなればRchのスピーカーを2本並べてステレオとしたようなもの。

これで聴いてキチンと鳴るならまだしも、どうしても右側が強く出てしまうので困ってしまった。もっとも、定位を気にせずに音楽を聴く方も居られるので、一概にアルテックを責められないのだが。

そういえば、このスピーカーを初めて手にした中学時代も、このことが気になり、苦労したのを思い出した。(この頃はスピーカーの置き方を色々試したり、アンプのバランスを調整したっけ)

当時から気になる人間がいたのだから、メーカーの人も気付いていたハズなのに、どうしてこういう製品が生まれてくるのだろう?

アルテックとは(JBLにも同じような製品がある)そんな大らかな会社と割り切ってで付き合うべきだったのだろうか?

〜デザインはいいのですが.jpg

ここで話がちょっと前後するけど、B&Wを上に載せる前と後では、載せないほうが明らかに開放的で、イキイキとしていた。

載せていない状態でスピーカー位置を決めてしまい、後から上にB&Wを載せた後、音が変わったことに気付いたが、もはや動かしようがない。

このときの落胆ぶりは分かっていただける方も多いと思う。

なにしろ、上に載せたB&Wは高い位置に定位するし、アルテックは躍動感が消え、音像が右に寄り、中央になるように調整したら、JBLは左に寄ってしまう。

これじゃ、今回のやったことがな〜んの価値もなかったことになる。

また、あのB&Wを下ろすのも一苦労だし...

救いだったのはタンノイの響きが豊かになり、音が拡散するようになったことくらい。

とはいえ、JBLは諦めるにせよ、B&Wとアルテックはどうにかしたいので今も少しずつ少しずつ地道な作業を繰り返している。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

”早起きは三文の徳”って本当でした!


いつもの休日なら9時頃まで、ウダウダと寝ているくせに、今日は早起き。

やはり目的や楽しいことがあると、自然に目が覚める。

昨晩も遅くまで気兼ねすることなく色々とスピーカーの位置や向きをあーでもない、こーでもないと音楽を聴きながら調整していた。

この数日間、みんなにバレているのは百も承知の上で隠密行動していた結果がこれ。

〜B&W新セッティング.jpg

どうです。ガラッと変わったでしょう。

最大の変化はB&Wのスピーカーをアルテックのスピーカーの上に載せたことだが、上に載せることが目的ではなく、スピーカーの位置を後ろに下げることと、スピーカー間に椅子を置くことが今回の主たる目的。

その理由は下記の4点。

6畳という狭い空間では、どうしてもスピーカーとの距離が近くなってしまい、スピーカーからの直接音が聴こえてしまうのがイヤだったので、少しでも遠くにしたかった。(私はスピーカー間の奥から音が出ることをヨシとするので)

B&Wがタンノイより出っ張っているので、タンノイで聴くときに、音場感が乱れているような気がして、何とかしたかった。

B&WとJBLのスピーカーを移動し、交代で聴いていたが、グライコで調整したものをまた調整し直すのが面倒だし、移動はかなりの労力を必要とする。

4台のスピーカーの全てをいつでも聴ける状態にしておきたかったので、タンノイ等の対面にあるJBLを聴くときは後ろ向きで聴くしかなく、タンノイ側にも椅子が必要となった。

そんなこんなで、アルテックの上にB&Wを載せることにしたのだが、それだけではタンノイより出っ張っていることには変わりがない。

そこで、障子を外し、窓ギリギリにカーテンをつけることで、若干奥行きを増やし、B&Wを後方に下げた。

今朝もその続きをやっていたのだが、やっぱりB&Wの高さが高すぎるのか、どうしても定位が高くなり、音像が大きく、かなり前の方で聴いているように感じる。

 やっぱり、あかんな〜。

などとボヤキつつ、戻すしかないのかな〜と思いながら、タンノイに切り替えたところビックリ!

弦の艶やかさがまるで違うのである。

B&Wの出っ張りが、音場感を乱していたのが原因だったのか、理由はよく分からないけど、キラキラと拡散していく音は聴いていて何とも心地よい。

朝の光が差し込む部屋で、それは幻想的な光景だった。

 早起きは三文の徳

って、本当なんですね。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

続・いつもの儀式 〜いつまで続く?いつまでも続いて!

 
以前は毎週日曜会をやっていたが、引っ越しして以来、とんとご無沙汰で、今は毎週日曜日のいつもの儀式を楽しんでいる。

先日の日曜日に今までは出なかった”いい音”で鳴ったので、当人はご機嫌のまま1週間が過ぎ、今日も早速家に帰ってから音出しするとご褒美は持続していた。

全てを無にする暗闇の中に、深い音色の弦の輝きがキラキラと舞い降り、あたり一面を照らし出す。

手を広げるとその光の粉が軽やかに弾み、静かに拡散しながら降り積もっていく。

そんな黄金色に輝く光の中に身を委ねる心地よさは堪らない。

〜shoumei.jpg

いろいろと大変なことがあった(毎日なのですが)が、この瞬間があるならイヤなことも一瞬で忘れる。

いつまでも変わらないでいて欲しい。そんな音だった。

毎晩聴いていたいのも事実だけど、毎回こんな音で鳴ってくれるなら、週に一度もいいかも。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。