2011年10月22日

英国の音 〜偶然か必然か


DECCAやEMIといった英国初期盤を少ないお小遣いの中からコツコツ集めている者として、英国の音への憧れは強い。

ここでいう英国の音とは、BBC系列のスピーカーのことで、BBCというのは英国放送協会の頭文字をとったもので、日本でいえばNHKに当たる。

BBC系列のスピーカーとは、具体的にはロジャース、ハーベス、KEF、スペンドール等のことを指している。

雑誌でこれらのスピーカーは、細身で高域にアクセントのある音と書かれていた記憶があるが、聴いた限りでは、線が細いという感じはなく、音の特徴よりも、スピーカー間の奥に広がる定位の方が印象的だった。

ただこの時は、パッと聴いてその魅力を理解することが出来なかったような気がする。

なにせこの頃はアルテックやJBLの派手で前へ前へと出てくる音に耳が慣らされていたので、地味で堅実な音の中から、真の魅力を感じ取る能力が欠けていたのだから。

その上、何の変哲もない2〜3wayの小ぢんまりとした四角いスピーカーに、少年の心がトキメクこともなかった。

それが色々ななスピーカーを聴き比べるうちに、自分好みの音が分かるようになってくると、俄然BBC系列のスピーカー達がクローズアップされてくる。

もうその頃になると、いつかはタンノイオートグラフを手に入れるぞ!と心に誓っていたが、いつかがいつになるのか先の見えない状態だったので、現実的な線で考えていたのがBBC系列のスピーカーだった。

バイトしてようやく貯めたお金で何とか手に届いたのが、中古のKEFの104abで、8万8千円だった。

〜 kef104ab.jpg

定価が25〜26万円くらいだったので、雑誌で見つけたときは、お買い得品!と思って買いに行ったのだが、現物を見たらウーハーが破れていて、一気に買う気が失せてしまった。

スペンドールBCUや、ハーベスHL、ロジャースPM510など所持金で買えるハズもなく、すごすごと家に帰ったのを今でも覚えている。

もしもあの時、KEFの状態が良くて購入していたら、己のオーディオ人生も変わっていただろうし、少なくとも今のオーディオ機器は選択されなかったはず。

また、初期盤に出会わなければ、ここまでレコード再生に熱中し続けていなかったと思うし、もしかするとオーディオ熱自体冷めていたかも知れない。

今でもこの英国の音は憧れの一つではあるが、ここまで来たら今後も決して手に入れることはないだろう。

出会いもあれば別れもある。どれほどの出会いがあったかは人それぞれだが、自分なりに検討し、選んだオーディオ装置が家にある。

そういう意味でオーディオも人の縁と同じように、見えない糸で繋がっているように思うのです。

偶然の積み重ねなのか、必然の流れだったのか...

*** ご連絡 ***

週末しかブログを見ることが出来ませんので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 13:26| Comment(6) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

収まりどころ 〜何故か今日はウチにいます


スピーカーのセッティングは最初は数センチ単位で動かし、最後は1mm以下と、徐々に調整距離が短くなってくる。

そうなると微妙な角度の差が大きく音に影響するし、この辺りになると音楽を聴きながらいい方を選ぶことが重要。

リンクを貼らして頂いているmatsumoさんから

 1cm単位でいい音を探すなら、試聴(耳の)位置も限定されるでしょう。

といった趣旨のことが書かれていたことに対し、

 そうだよね。

と一瞬思ったのだが、これがまたオーディオの不思議なところで、この点について少し説明が必要かなって思った。

周波数特性を測定し、数cmマイクをずらしたらその値は大きく変わる。

その分だけ音の変化が耳でわかるなら、それこそ拘束具を着けて一分たりとも微動だにせず、音楽を聴かなければならなくなるし、もしもそうなったら、とても楽しめない。

しかし、実際に音楽を聴いていれば分かるというか、気付かないと言うべきか、測定値の変化ほど音が変わったとは感じない。

耳がいい加減なのか、逆に優秀でうまく補正をするのかは分からないが、とにかく私はその変化に気付かない。

 じゃあ、何のためにスピーカーの1mmの差を気にしてんのか。

ってことになるのだけど、結論から言うとスピーカーが気持ちよく唄う場所に置いてあげているだけの話なのである。

 何じゃそれ!

と仰りたい気持ちはよく分かるが、こちらも真面目に書いている。

タンノイオートグラフを置く場合、経験的な値だが、部屋のコーナーで壁からの距離が7.5cmから15cmの範囲の中にあるとイキイキと鳴り出すことが多い。

GRFの部屋さんも8cm以上離して置いた方がよいと書かれていたので、決して独りよがりの思い込みではないのかなって思うようになった。

部屋が6畳間の場合は、その範囲の中でも壁に近い方がいいような気がする。

今回の場合も7.5cmくらいがよかったので、その辺りにしているのだが、どうもピントがズレている気がしてならない。

ということで、微妙に前後させたり、左右を広げたり、縮めたりしているけど、しばらくやめてみることにした。

〜寄り添っています.jpg
この状態が、

〜 変更後.jpg
この状態になり、今も微妙に変わっている
(現在の写真は撮れていないトホホ)

諦めたわけではないが、位置的には揃っているのと、もう一つの理由がある。

というのも、平日のこの時間にブログをアップしていることにも繋がるのだが、朝、目覚めると起き上がれず、何事かと思ったら、ぎっくり腰のため自由に動けずにいる。

スピーカーをあーだ、こーだと動かしていたのが原因なのは明らかなので、自粛せざるを得ないのである。

音も悪けりゃ、体調も不良。 

う〜ん、そろそろいいことがないとやってられないな。

意外に何もしなかったら音が良くなっていたりして。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

セッティングの難しさ 〜音楽を聴きながら


スピーカーのセッティングは距離を合わせたり、向きを合わせたりと言葉で書くと簡単だが、なかなか難しいものがある。

いくらコンベックスや鋼尺をつかっても、部屋の壁は意外にも平行ではないし、窓や柱からの距離が違うことなど当然と思っておいた方がいい。

だから、試聴位置など、ある一点を基準にしてセッティングした方が合いやすい。

それでも、水平、垂直をキッチリ出すことは難しいし、合ったとしても、音を聴きながらさらに詰めていく作業が必要。

この状態でグライコなどはまだまだ使ってはいけない。

昨日、酷い音と称したのはB&Wを動かしたときに、タンノイも少し動いてしまったのが原因。

原因が分かれば後はかんたん!

となればいいのだけど、これがまた一筋縄でいかなかった。

そこそこいいのだけど、いま一つピントが合わない。

1mm以下の移動をしようとしてもスピーカーと床の収まりもあって、思うように動かないこともある。(動かすとズッと動きすぎちゃったりね)

痒いところに手が届いているのだけど、もうちょっと右とか、もーちょっと前って感じで、ピタリとこない。

まさにそのイライラ感も同じで、ストレスが溜まる。

チクショー!といってスピーカーを蹴飛ばしたところで、ピタリと収まるほど世の中甘くはない。

〜 こっちはこっちで.jpg
タンノイの対面はこんな感じで大変なことに

調整は深夜にも及んだため、家人からも

 いい加減、うるさいんじゃないの!

と文句が出る始末。

あ〜、1日でも早くベストな状態にしたいな〜。


*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:43| Comment(8) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。