2011年05月22日

「定位」に拘る訳

 
オーディオ好きになって、いつから「定位」や「実在感」、「音場感」というものを気にするようになったのだろうかと考えてみたら、中学生の頃まで遡る必要がある。

あるオーディオ店でJBL4343からタンノイオートグラフに切り替えた瞬間、サーっとオケが引いてスピーカー間の奥にステージが現れ、そこにオケが「定位」し、そのオケから渾然一体となった美しい音楽が流れてきた。もう30年近く昔の話だ。

〜タンノイとJBL.jpg
(この頃の音が懐かしい)

あの時の鳥肌が立ち、言葉を失い、恍惚となった”あの音楽”を体験した感覚は未だに忘れていない。(まあ、思い出話なので、だいぶ美化されているのでしょうけど)

ということは、オーディオ好きになってすぐにその魅力に憑りつかれたことになる。

それ以来、「定位」というものに、あーでもない、こーでもないと拘り続けている。

”いい音”でいい音楽を聴くというのは、代え難い魅力と魔力を兼ね備えていて、より深い感動を与えてくれる。

今までの経験で、数えるほどしか”いい音”に遭遇したことはないけど、その時は「定位」など気にもならない。

それでいて、注目するとあるべき位置に「定位」していて、違和感がなく、特徴的なのは、通常よりやや下がった位置に音像が「定位」している。

逆にいうと「定位」が気になるということは、”いい音”には程遠く、とても満足できないのだ。

 定位など気にせず、音楽を聴いたら!

というご意見もあろうかと思う。

確かにベートーヴェンを聴いていて、「定位」が悪いからといって、そこにはベートーヴェンの音楽しか流れてはいない。

しかし、例えばあるコンサートで、音楽を聴いているときに隣の方がおもむろに袋からサンドイッチを取り出し、クチャクチャ音をたてながら食べ、終わったら袋をグシャグシャっと丸めたとする。(これ信じられないけど昔体験した本当の話です)

これではたとえどんなに素晴らしい音楽が流れていたとしても、とても音楽を聴いた気になれない。

「定位」がキチンとしていない状態というのは、これと似たようなもんで、純粋に音楽に集中できないし、とても没頭できない。

だからこそ、その最低条件の「定位」ぐらいはキチンとしたいし、気にしている今の状態は、まだまだだということになる。

「定位」というのは、”いい音”でいい音楽を聴く上での、必須条件の一つであり、これが満たされれば全てヨシとはならないものの、満たさなければその先に進めない関門のようなもの...なのかな。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

    
posted by メタボパパ at 21:36| Comment(10) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

センスが欲しい

 
見えないものを見ようとしているのに、目を開けないと見ることが出来ない。

しかし、目を開けると見えてしまうのが汚い部屋。

これでは演奏者に現れてもらうのも申し訳ない。

そこで、またまたスピーカーを動かす力技に出た。

B&Wマトリックス801Vを正面に向けると、アルテックModel14が2本どうにか収まる。

並べたアルテックの上に照明を置き、視線をそこに集中させようと目論んだ。

出来ることならアルテックの天板がステージにならないかとも。

その結果、視線を集中させることはうまくいったし、部屋の雰囲気も、奥が障子でなければ「私を酔わせて、どうするの?」って感じくらいになったのは良かったが、せっかくそこを見るのなら、スピーカー上に気の利いた小物をちょいと置いてみたくなった。

〜shoumei.jpg

しかし、こういうインテリアには疎くて、何をどう置いたらいいのか分からない。

インテリアの本か何かで、見えない収納は7割、見える収納は5割、サイドテーブル上は1割になるようにモノを置く。と読んだ記憶があるが、そんな感じなのだろうか?

自分に小粋なセンスがあればなぁとつくづく思う。

さて肝心の音だが、そんな簡単なことで定位が変わるほど甘くはなかった。

目の前を見てはいるのだけど、だからといって並んでいるスピーカーを見ている訳ではなく、ステレオサウンドによって現れる見えない演奏者を見ようとしているので、結果は変わらないということか。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

♪目を閉じて何も見えず〜

 
他のブログの中で、あるスピーカーで音楽を聴いていて、そばにある別のスピーカーに目が行くと、そこから音が出ているように感じる。「スピーカーから音が出ている」のを嫌うなら、スピーカーの存在を消すような対策をして、視覚情報を弱めてやると効果的かも。といった趣旨のことを書かれていたのを読んで、なーるほど!と思った。

まさに「スピーカーから音が出ている」と感じる事を嫌い、左右のタンノイオートグラフから放たれた音が、スピーカー間の奥にうまく定位出来ないもんかと調整中の私としては、

 いっちょ、試してみるか!

って気になった。

もっとも、試すといっても、照明を落とす程度のことなので、簡単なことなのですけど。

しかも、いざやろうとしたとき、目を閉じればいいことに気付き、逆に何で気が付かなかったのか疑問に思ったほど。

だが、ここに落とし穴があった。

目を閉じると何も見えないのだ。

 当たり前だろー!

ってツッコミが入りそうだが、そういう見えないではなく、スピーカー間の奥に定位しないという意味で。

確かに映像は現れるのだが、何と言うか、頭の中にアップの映像が浮かんでは消えるという感じで、定位しない。

音楽にあわせてイメージした風景や、小人たちが現れたりするのはいいとして、いざ演奏している姿を見ようとしてもステージが現れないので困る。

〜 FALP117.jpg

見えないものを見るのだから、目を閉じても同じような気がするのだが、どうあってもスピーカーの奥には定位してくれない。

ということは、たとえゴチャゴチャしてても部屋の正面を見ながら音楽を聴くことが必要ということになる。

見えないものを見るのに、目を開ける必要があるって、ちょっと不思議な気がする。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 22:34| Comment(8) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。