2011年08月13日

悲しい別れ? 〜何故か、顔が綻んでしまう


今日は朝からお墓参りに行き、帰ってから、やるべきことをコソコソとし始めた。

まだまだ、部屋中足の踏み場もないほどケーブル類が右往左往しているので、とても写真に撮れたもんではないが、大移動はとりあえず何とか終えた。

さすがに一人では動かせないものもあったので、そこは奥さんに思いっきりイヤな顔をされつつも下手、下手にでて、ご機嫌を取りつつ何とか手伝ってもらった。

子供と奥さんは夜になってから実家に帰ることになっていたので、心の中では早く20時になってくれないかなぁ〜と思いつつも態度に出さないように十分注意しながら、娘とバドミントンをしたりして過ごした。

 気をつけてね。着いたら必ず電話してね。

な〜んて、顔で泣いて、心で大笑いしながら、家族を見送るとすぐに、リスニング・ルームに直行し、早速音出し。

う〜ん、奇跡は起こらなかったが、まだまだセットしただけの状態なので、少しずつ動かしたりしてベスト・ポイントを探して行こうと思う。(今も調整中で、時計を見て慌ててブログを書いているところ)

〜不調なタンノイ.jpg
この状態がどう変わったのかは次回のお楽しみ。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

子はかすがい 〜テクニクスSH−8075


B&Wマトリックス801VとマッキントッシュMC240で新たな夫婦生活を始めたものの、二人の仲にはまだまだ”あ・うん”の呼吸は生まれてきていない。

実際の夫婦だって色々なことが起こり、それでも別れずに何年も一緒にいるからこそ生まれてくるものがある。

むしろ、パッとつないでパッといい音が出てくる方がマレである。

今ならば家に奥さんがいても、どーってことなく、勝手に行動しているが、結婚した当初は、いつも一緒にいることに違和感というか、見張られている感じがしていた。

 離婚してやる!

と思うことなど年がら年中だけど、そこまでに至っていないのは私が寛容な(?)ことと、奥さんがズーズーしいこと以上に、子供たちの存在が大きい。

まさに、子はかすがいなのである。

B&Wとマッキントッシュの間に入り、かすがい的な役割を担っているのがテクニクスSH−8075。

〜 調整.jpg

マッキントッシュC40の5バンドイコライザーで大まかに増減し、増やしたい帯域と、減らしたい帯域を決め、その増減分をこのテクニクスSH−8075で補正し、二人の相性度をアップさせている。

聴いていて出っ張ったり、引っ込んだりしているところを微妙にいじりながら調整していく地道な作業。

注意すべきは、この作業の前には十分スピーカーの位置や向きを調整しておくことが重要。

まずはセッティングが基本。

その上で調整しないと本末転倒になってしまいますもんね。

セッティングを終えた前提で話を戻すと、このイコライザーの補正を耳だけでやっていると、本当にこれでいいのか不安になることがある。

そうなるとアキュフェーズDG−48のように測定機能の付いたイコライザーで客観的な数値が欲しくなるが、ない袖は振れないのでこの点に関しては解決策が見つからない。

自分の耳を信じてやるしかないが、子供たちの寝顔を見ていると幸せな気分になるのと同じように、いい音で聴ける日を夢見ながら日々ツマミをいじっている。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:29| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

Analog誌32号発売!


アナログ誌の32号が発売された。

〜 Analog32.jpg

すでに発売から10日以上経っているので、何をいまさらの感があるが、ようやく中身を見ることが出来た。

今回の私の記事は引っ越したことと、メインスピーカーが変わったことによるリン マジックLP12の変化(表現がおかしいけど)のインプレッション。

取材時にお聴かせした音が散々だったのは、以前ブログに書いた。

過ぎてしまったことはいいとして、記事の中で気になっているのがSETのレーベルについて。

以前にもDECCAのレーベル変遷はブログにも書いたが、常々疑問に思っていることがあった。

それは、SETのED1は何処から何処までなのか?ということ。

手持ちではSET331(バーンスタイン/マーラー:大地の歌)がED1。

次のSET332(バーンスタイン/モーツァルト:ピアノ協奏曲)もED1だと思っているのだが、確証はなかった。

先日、オークションでよく購入させていただいている方に、聞いてみたところ、SET332はED1との回答。

と、ここまでは良かったのだが、ED2がオリジナルと言われている「神々の黄昏」や、「ワルキューレ」もED1と仰る。

オークションの実績からいって間違いはないとも思うが、それならば、なぜ多くの人が、先の2つをED2がオリジナルというのだろうか?

しかし、SET332までがED1とすると何故先の2つが、ED2になっているのかというのも疑問に思う。

ちなみにSET311、323−4、325−6はED1。

どなたか、ご存知の方いらっしゃいませんか?

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 15:52| Comment(5) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。