2011年10月30日

オルトフォン(ortofon)のシェル(その2) 〜どちらを使うか

 
今日は昨日の続きから。

SMEのアームの場合、スライドベースがあるので、穴の位置をうまく合わせておけば、アームをスライドさせることによりSPUのAもGも使える。

〜 スライドベース.jpg

しかし、トーレンスプレステージ用のベースを購入した際、何故かGシェルしか使えない位置に穴が開いて(標準仕様らしい)おり、思いっきり内側にスライドさせてもAシェルではオーバーハングが合わなかった。

穴を開け直せばいいのだけど、どうも見栄えが悪くなりそうなのと面倒くさかったのでそのままにしている。

それともう一つ、細かい話なのですが、SME3012R−GoldにSPU−AEを付けると、指掛けの部分がシルバーなのでここの色目が合わないということ。

これ、実際に触るところなので、一度気になり出すと結構気になってしまうのです。

てなわけで、Gシェルのゴールドタイプを購入し、

 コーディネートはこーでねーと。

などとオヤジギャグを飛ばしながら一人贅に入っていた。

このときはAとGの音の差をあまり意識していなかったように思うし、知人宅で

 このレコードにはこのカートリッジ(Aシェル)じゃないとダメなんだよ。

と言われてAとGを聴き比べたが、どっちでもいいように感じた。

ということでステレオ用はSPUのGシェル、モノラルはAシェルから外したSPU−monoを使用し、長いこと聴いていた。

ところが...つづく


*** ご連絡 ***

週末しかブログを見ることが出来ませんので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:19| Comment(5) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日曜日は、ごめんね〜
楽しみにしていたのに・・・
体調不良で7時には寝ちゃいました。
今朝は、熱も無くとりあえず学校には行かせました。
あのメッセージは、Tパパ?への?
私も、全く気が付かったので、Tパパは勿論気が付かないと思いますよ。
今まで通りの生活をしているのでしょうから・・・
彼の幸せの容量や方法は私達には理解できない所もあるので、自由にすることが1番の幸せなのかも・・・
それより、お仕事を休んでいるメタボパパのが心配です。お大事に!
早く写メを見せてもらいたいよ〜(笑)

Posted by Yママ at 2011年10月31日 09:40
こんにちは!^^
すっかりご無沙汰してしまいました。
お久しぶりです^^

オーディオにはとんとうとい自分ですが、この写真を見て、惚れ惚れするかっこよさだなあと思いました。

機能美という言葉だけでは語れない奥深いオーラを感じます。
やっぱり機械はこーでねーと。。。

はっ@w@;;
Posted by たこ at 2011年11月01日 20:34
こんにちわ!いつもコメント(返事)ありがとうございます。

ヘットシェルの件決定しましたか?自分も、先に、SMEのアームで「Aタイプ」・「Gタイプ」取り付けて見ましたが、オルトフォンのアームの場合には、A・G、アームの型名で区別している様ですが、SMEの場合で「ゴールドタイプ「3012」当たりでしょうか?だとやっぱ「G」などだと・・・。
でも、「A」もシンプルでいいようですが・・・

・・・あら、なに言ってんでしょう・・・。


Posted by hiro.s at 2011年11月02日 12:02
すっかり更新途絶えて、2年以上になってしまいましたね。また、機会あればぜひ再開してください。楽しみにしております。
Posted by amber at 2013年11月28日 23:48
運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: yuki.yamada.1985@gmail.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。
Posted by 山田 at 2015年01月05日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。