2011年10月23日

ガラード#401 〜別れたら二度と会わないほうがいい?


以前ブログでガラード#401の想い出について書いたが、書いてからというもの、何となくまた使ってみたいなぁと思っていた。

何も昔の思い出に浸って、ミニカーを乗せて回したいわけではなく、オルトフォンのアームが余っていたこともあって、音楽を聴く道具としてもう一度聴いてみたくなったのだ。

ガラードといえば、一般的には#301の方が人気が集中しているので、#401は比較的安価で手に入り易い。

そこでオークションを覗いたりしていたのだが、ガラード#401だけではなく、キャビネットも購入しなければならないし、使うアーム(オルトフォンRF297)にあった穴の開いたものの方がいい。

401の方は見かけるが、色目とアームの穴位置が合っているキャビネットがなかなかなくて結局は入札を控えていた。

〜 garrard-401.jpg

プレーヤーの音が良くなると全体の音が良くなることは、ご承知の通りだが、ガラード#401を父が使っていたときの音を思い出そうにも楽しい音だったことぐらいしか覚えていない。

当然当時の装置とも違うので同じ音で鳴ることはないが、どんな音になるのか妄想するのも結構楽しい。

そんなことを思っていた矢先、高校時代の先輩に会った。

当時はパッと目を引くほど美しく、声をかけることも儘ならない方だったが、月日の流れをヒシヒシと感じるほど悲惨なくらいおばさん化していてガッカリした。

ガッカリしたといっても記憶の中の女子高生と40代半ばの目の前の女性を比較することそのものに無理があるし、それは酷というものだろう。

ある本で、「別れた女性とは会わないほうがいい。会わなければ記憶の中で魅力的なまま生き続けられる。」といったようなことを書かれていたのをこの瞬間思い出した。

自分が変わり果てた姿になっていることを棚に上げて無責任な話なのだが、この裏切られたという気持ちはどっから来るのだろう?

他人が当人の知らないところで勝手に期待しておきながら、期待と違うだけで裏切られたと被害者意識になるズーズーしさ、そんな自分が自分でイヤになる。

しかし、人ってそんなもんかなってその一方で思う。

一度別れた機器を懐かしさで再び手に入れるのは、別れた彼女に

 いつまでも待っているよ。

と言い続けている男のようで、チト女々しく、すでに心変わりしてしまった彼女にしてみれば、迷惑な話しだし、身勝手に期待されても困るだけではないのかと、ふと思った。

別れた彼女との思い出に縋るくらいなら、新たな出会いを求めた方がよっぽど健康的だし、今、目の前にいる彼女(オーディオ機器)を大切にすべきだろう。

やはり思い出は美しいままにそっとしておくべきなのかも知れませんね。

*** ご連絡 ***

週末しかブログを見ることが出来ませんので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:51| Comment(10) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
返事、有難う!!
ママから腰は大分良くなり体調が悪いみたいよ〜って聞いていたので心配していましたが・・・体調は、あのメールを読む限り絶好調って感じかな?!腰なら外傷だもん治れば会社に行けるしね(^^)良かった良かった!Mリエも心配しているからメールしてあげてね。
30日は楽しみにしています。
次の日が学校&仕事があるので、早めに撤退しますが・・・大騒ぎして帰ります。
Tパパは浜岡から戻ってきたのですが親戚の方が亡くなり不幸があった為、30日の事は、まだ説明してません。水曜日頃メールしてみます。それでは、またね〜!
Posted by Yママ at 2011年10月24日 08:16
メタボパパさん、こんにちわ

大学生の時に、3年間程、夜、図書館でアルバイトをしていましたが、綺麗だなあと思った女性がしばらく来館していましたが、その後、姿が見えなくなり、1年ほど経ってから来館したのですが、あまりの変わりようというか、衰えに驚いたことがあります。毎日、見ている場合は変化に驚かないのですが、月日が経つと驚くことがありますね。

一方、録音の場合ですが、特に古い録音を聴く場合、以前に聴いた時の思い出があると、その音の悪さに驚くことがありますね。
Posted by matsumo at 2011年10月24日 18:59
ガラード#401は知らないので、
なんとも言えませんが・・・・・

実は、今年中学の同級会があり、
卒業以来という出会いをかなりの人としました。
顔を見ても名前が出てこない人が大半。

そして・・・・・
中学と言えば、初恋と言えるか言えないかくらいの、
微妙な思いの人がいました・・・・

会わなきゃよかった・・・・です(泣)
Posted by 四季歩 at 2011年10月25日 20:28
先日は、ご返事ありがとう御座います。
「オートグラフ」元気ですか

#401、いいですね。自分も十年程前まで使ってました、RMGにSPUGTでしたが友人に是非ともの願いに負け譲りましたが・・・。

4.5年前やっぱり再入手しました「#301」。今回は、SMEのアームで、オルトフォンのカートリッジ「MM」で聞いてます。

ガラードいいですね。堅牢なボディと安定したメカは、他の追従なしと言ったところでしょうか・・・。

たのしみですね〜。

自分は、リタイヤして4年目になります東北は宮城県の田舎にすんでます。

やっぱり、今年検診でもメタボでお説教受けました
Posted by hiro.s at 2011年10月26日 10:28
こんにちは、楽しく拝見させていただいております。この記事とは関係ないのですが、リクエストというか、機会がったら書いていただけたらと思う事があります。当方、部屋やセッティング、装置などが変わると、英盤と仏盤の音の比較、優劣判断結果が変化してしまい、困っています。以前に関連した記事をお書きになってらしたので、おたずねさせていただきたいと思ったのですが、グライコで周波数特性を整えて試聴していらした以前の部屋から、今度の部屋に引越しても、英 仏の音質の優劣などの結果も以前の部屋での結果と同じになるかどうかのレポートをお願いしたいのです。パパさんの好みの周波数特性に調整されておられるでしょうから、おそらく以前の部屋と似たような周波数特性になっているかと思われ、同じような特性で部屋が違えばどうなるのか、興味津々です。突然勝手な注文をつけてすみません、もしお書きになるような機会がありましたらよろしくおねがいします。
Posted by 寅五郎 at 2011年10月29日 16:00
Yママさん こんにちは

コメントありがとうございます。
この記事はTパパに向けて書いたのですが、ご本人は
気付かれていますでしょうかね?
もっとも、読んでもいないかも知れませんね。

明日はよろしくお願いしますね。
何か用意しておくものはありますか?
Posted by メタボパパ at 2011年10月29日 17:05
matsumoさん こんにちは

コメントありがとうございます。
以前いいと思っていたレコードが、聴き直すと
つまらないことって確かにありますね。
こんなときは自分の要求が上がったと思うように
しています。
Posted by メタボパパ at 2011年10月29日 17:09
四季歩さん こんにちは

コメントありがとうございます。
実は私も最近、昔の彼女のような人に会ってしまい
月日の流れの残酷さに驚いております。
お互い気付いたのですが、傷つけないようにと配慮
したためか、言葉は交わしませんでした。
しかし、子供たちが同級生とは運命のいたずらに
翻弄されています。
Posted by メタボパパ at 2011年10月29日 17:15
hiro.sさん こんばんは

コメントありがとうございます。
いろいろとお使いになられているんですね。
オートグラフは今のところ好調です。
いつかは初期盤をかける喫茶店をやりたいなぁ〜と
思いながら日々生きていますが、宝くじでも当たら
ないと無理みたいです。
Posted by メタボパパ at 2011年10月29日 17:26
寅五郎さん はじめまして!

コメントありがとうございます。
一度はグライコで調整までしたのですが、スピーカーの
セッティングをやり直している状態なので、グライコは
セッテイング後にまた調整する予定です。
調整後、またまた、英仏独の聴き比べをやってみたいと
思います。
Posted by メタボパパ at 2011年10月29日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。