2011年10月22日

英国の音 〜偶然か必然か


DECCAやEMIといった英国初期盤を少ないお小遣いの中からコツコツ集めている者として、英国の音への憧れは強い。

ここでいう英国の音とは、BBC系列のスピーカーのことで、BBCというのは英国放送協会の頭文字をとったもので、日本でいえばNHKに当たる。

BBC系列のスピーカーとは、具体的にはロジャース、ハーベス、KEF、スペンドール等のことを指している。

雑誌でこれらのスピーカーは、細身で高域にアクセントのある音と書かれていた記憶があるが、聴いた限りでは、線が細いという感じはなく、音の特徴よりも、スピーカー間の奥に広がる定位の方が印象的だった。

ただこの時は、パッと聴いてその魅力を理解することが出来なかったような気がする。

なにせこの頃はアルテックやJBLの派手で前へ前へと出てくる音に耳が慣らされていたので、地味で堅実な音の中から、真の魅力を感じ取る能力が欠けていたのだから。

その上、何の変哲もない2〜3wayの小ぢんまりとした四角いスピーカーに、少年の心がトキメクこともなかった。

それが色々ななスピーカーを聴き比べるうちに、自分好みの音が分かるようになってくると、俄然BBC系列のスピーカー達がクローズアップされてくる。

もうその頃になると、いつかはタンノイオートグラフを手に入れるぞ!と心に誓っていたが、いつかがいつになるのか先の見えない状態だったので、現実的な線で考えていたのがBBC系列のスピーカーだった。

バイトしてようやく貯めたお金で何とか手に届いたのが、中古のKEFの104abで、8万8千円だった。

〜 kef104ab.jpg

定価が25〜26万円くらいだったので、雑誌で見つけたときは、お買い得品!と思って買いに行ったのだが、現物を見たらウーハーが破れていて、一気に買う気が失せてしまった。

スペンドールBCUや、ハーベスHL、ロジャースPM510など所持金で買えるハズもなく、すごすごと家に帰ったのを今でも覚えている。

もしもあの時、KEFの状態が良くて購入していたら、己のオーディオ人生も変わっていただろうし、少なくとも今のオーディオ機器は選択されなかったはず。

また、初期盤に出会わなければ、ここまでレコード再生に熱中し続けていなかったと思うし、もしかするとオーディオ熱自体冷めていたかも知れない。

今でもこの英国の音は憧れの一つではあるが、ここまで来たら今後も決して手に入れることはないだろう。

出会いもあれば別れもある。どれほどの出会いがあったかは人それぞれだが、自分なりに検討し、選んだオーディオ装置が家にある。

そういう意味でオーディオも人の縁と同じように、見えない糸で繋がっているように思うのです。

偶然の積み重ねなのか、必然の流れだったのか...

*** ご連絡 ***

週末しかブログを見ることが出来ませんので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 13:26| Comment(6) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、音の好みはありますよね。
私がジャズを聴いていたときと、
現在クラシックを聴いているのとでは、
まったく機器が様変わりしましたね。
特に私はヴァイオリンの音が大好きなので、
広域が気になりますね。
それにしても、サイフに限りがあるので、
何時もいつも飢餓感でいっぱいです(笑)
Posted by 四季歩 at 2011年10月22日 20:58
メタボパパさん、こんにちわ

最初から10万円近くのスピーカーですか、お父上が良い装置を持っていらしたからでしょうね。私の家はヒンミンでしたので、まずは、「ポータブル型のステレオ電蓄→モジュラー型ステレオ→バラコン」の順で、今もバラコンですね。

それにしても、上の写真のスピーカー、やはり、違和感がありますね。勿論、普通は前に布があるので気にならないのだと思いますが。

それから好きな指揮者ですが、フルベン・トスカニーニ・ワルター・メンゲルベルク等、大好きです。現在、活動している指揮者では、バーミンガム市交響楽団の時代は好きだったのですが。
Posted by matsumo at 2011年10月23日 18:36
四季歩さん こんばんは

コメントありがとうございます。
今でこそ、用途別にスピーカーがありますが、
それまでは、一つの装置を大切に使っていま
した。
もっともほとんどクラシックしか聴かないので
タンノイがあれば事足りるのですけど...
Posted by メタボパパ at 2011年10月23日 21:58
matsumoさん こんばんは

コメントありがとうございます。
やはり非対称のスピーカーをL、Rに使われるのは、
違和感がありますね。

予想通り、好きな指揮者がほとんど一緒でした。
もっとも私のほうは気が多いので、クレンペラーや
カラヤン、バルビローリ等も好きで、絞れないので
すが...
Posted by メタボパパ at 2011年10月23日 22:14
メタボパパさん こんばんは。
 これらBBC系列のスピーカーは、なんとも、忘れることのできない機種たちです。今でもこうして、その名前や写真を見ると、胸が締め付けられるような、特別な想いがよみがえってきます。
Posted by 芳賀 瞬 at 2011年10月23日 23:07
芳賀 瞬さん こんにちは

コメントありがとうございます。
芳賀さんもBBC系列に心惹かれるお一人でしたか。
私の場合、やや後追いで、すでに評価が固まっていま
した。
クラシック好きなので、英国系にはやはり憧れます。
Posted by メタボパパ at 2011年10月29日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。