2011年08月07日

子はかすがい 〜テクニクスSH−8075


B&Wマトリックス801VとマッキントッシュMC240で新たな夫婦生活を始めたものの、二人の仲にはまだまだ”あ・うん”の呼吸は生まれてきていない。

実際の夫婦だって色々なことが起こり、それでも別れずに何年も一緒にいるからこそ生まれてくるものがある。

むしろ、パッとつないでパッといい音が出てくる方がマレである。

今ならば家に奥さんがいても、どーってことなく、勝手に行動しているが、結婚した当初は、いつも一緒にいることに違和感というか、見張られている感じがしていた。

 離婚してやる!

と思うことなど年がら年中だけど、そこまでに至っていないのは私が寛容な(?)ことと、奥さんがズーズーしいこと以上に、子供たちの存在が大きい。

まさに、子はかすがいなのである。

B&Wとマッキントッシュの間に入り、かすがい的な役割を担っているのがテクニクスSH−8075。

〜 調整.jpg

マッキントッシュC40の5バンドイコライザーで大まかに増減し、増やしたい帯域と、減らしたい帯域を決め、その増減分をこのテクニクスSH−8075で補正し、二人の相性度をアップさせている。

聴いていて出っ張ったり、引っ込んだりしているところを微妙にいじりながら調整していく地道な作業。

注意すべきは、この作業の前には十分スピーカーの位置や向きを調整しておくことが重要。

まずはセッティングが基本。

その上で調整しないと本末転倒になってしまいますもんね。

セッティングを終えた前提で話を戻すと、このイコライザーの補正を耳だけでやっていると、本当にこれでいいのか不安になることがある。

そうなるとアキュフェーズDG−48のように測定機能の付いたイコライザーで客観的な数値が欲しくなるが、ない袖は振れないのでこの点に関しては解決策が見つからない。

自分の耳を信じてやるしかないが、子供たちの寝顔を見ていると幸せな気分になるのと同じように、いい音で聴ける日を夢見ながら日々ツマミをいじっている。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:29| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん、こんにちわ

すごいグラフィックイコライザーですね。33バンドですか!

LP時代にオーディオ用のものが出ていた記憶があり、また、CD時代になっても同様なもので、幾つかの周波数毎に音が低い方から高い方に順番に出て、同じくらいの大きさか耳で確認できるようになっていたのを思い出しました。と言っても、33にも分かれているのではなく、10バンド位だったと思いますが。

私の場合、グラフィックイコライザーは、一時期、DVD等を液晶プロジェクターで観る際、声を明瞭にするため、左右各10バンドのものを使って1KHz辺りを上げていましたが、オーディオでは、使わず、アンプのBassを少し上げている位です。
Posted by matsumo at 2011年08月08日 19:27
matsumoさん こんばんは

コメントありがとうございます。
ウチの場合、部屋の特性やら、スピーカーやら、何かと
左右が揃っていないことが多いようで、グライコは必須
アイテムになっています。
やっぱりアキュフェースDG48が欲し〜い!
Posted by メタボパパ at 2011年08月08日 21:30
メタボパパさん こんにちは。
 私のすくないブログ記事で、最もアクセス数が多いのが、やはりというか、なるほどというか、DG-48についての記事でした。イコライザーにたいしてのみなさんの関心が高いことがうかがわれます。
 ところで、私はスピーカーを複数セット、部屋に入れた経験がなく、その楽しみや苦労を知りません。どのように使い分けされているのでしょうか?
Posted by 芳賀 瞬 at 2011年08月11日 10:36
芳賀 瞬さん こんばんは

コメントありがとうございます。
複数のスピーカーは一応用途別と言ってはいるの
ですが、音楽を聴く以外にどんな用途があるのか
って自分自身に突っ込んでいます。
大まかにはこんな感じです。
タンノイ:クラシック(LPモノラル〜ステレオ初期)、
B&W:クラシック(LP60年代以降、CD)、
JBL:ジャス、アルテック:ポピュラー、映画。
まあ、ただの言い訳なのですが...
それでもブラックパネルがあれば、DG48はや
っぱり欲しいです。
Posted by メタボパパ at 2011年08月11日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。