2011年08月06日

ピアノの発表会 〜小さな疑問


小2になる娘のピアノの発表会があった。

娘はそつのない演奏で、特に心配することもなく聴いていたら、調子に乗った娘は左手を高々と上げながら”魅せる”演奏をし始めたのでウケてしまった。

しかし、調子に乗りすぎたのが災いし、珍しくミスタッチ。

それでも臆するすることなく弾ききってしまうと、ミスがミスに思えなくなるから不思議。

あとで聞いたら、左手を上げたのは無意識で、むしろ

 ピアノの鍵盤が軽すぎて弾き難かった!

といっていた。

ピアノのほかにもエレクトーンの演奏もあったので、初めて聴いたが、イヤ〜 オモロイでんな〜 と思わずエセ関西弁が出てくるほどのパフォーマンス。

しくみはよく分からないが、事前に打ち込んだり、設定したりするのでしょうけど、色々と曲をアレンジできるし、重低音を入れてみたり、楽器が変わったりと、個性があってよろしい。

ただ、エレクトーン演奏の次にピアノ演奏が始まるとホッとしたのも事実だけど。

ピアノ.jpg
当日は撮影禁止だったので昔の写真を引っ張り出しました

演奏会は年齢や、上手さの順でならんでいたようで、後のほうになると、ベートーヴェンやショパン、リストの曲が続くようになる。

ただ、それらの演奏を聴いていて段々イライラするようになってきた。

というのも、みんながみんな実力以上に高望みする選曲をしているので、音楽として形になっていないからだ。

確かに難しい箇所をこれみよがしに弾く子もいるが、全体を通して見ると、よく練習したところとしていないところがハッキリ分かり、音楽を断片的に聴いている感じがし、スムーズに流れないので、聴いていて楽しくない。

もう少し選曲のレヴェルを落として、完成度を上げた方がいいように思うのだが...

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん、こんにちわ

私はこの手のものには一度も行ったことがありませんが、区立のホールの予定表を見ると、毎月、かなりの回数で行われています。

こう言うのを開催する目的は、生徒に目標を与えてやる気を起こさせることと、親等に先生達の成果をアピールすることにあると思っています。勿論、両親を喜ばせると言うこともあるでしょうし。

と言うことで、いつもは名演奏の録音や、コンサートを聴いている者にとっては、どうしても、それらと比較してしまうので、大変だと思います。そもそも、クラシック音楽のコンクールの上位入賞者のコンサートでも、聴衆を納得させる演奏は中々、無いのですから。
Posted by matsumo at 2011年08月07日 09:46
matsumoさん こんばんは

コメントありがとうございます。
本当に仰る通りだと思います。
特に後半になるとベートーヴェンやショパンといった
聴き馴染んだ曲が多くなるので厳しい目で見てしまう
のかも知れません。
ブルクミュラーだと、間違いなく弾けただけで褒めて
ますもんね。
Posted by メタボパパ at 2011年08月07日 22:37
発表会の曲選びもなかなか難しいのでしょうね。
メタボパパさんは耳が肥えていらっしゃるから、アラが目立だって聴こえることもあるでしょうが、クラシックにもオーディオにも特に関心の無い方には、ベートーヴェンやショパンなどの有名作曲家の曲を弾けるようになった、という事が結構重要だったりするのかもしれません。
「うちの子、ショパンが弾けるようになったんですのよ」、親としては言いたい台詞でしょうし、子供もそうかもしれないし。
なかなか難しい所ですね。
Posted by golf130 at 2011年08月08日 07:31
golf130さん こんばんは

コメントありがとうございます。
>「うちの子、ショパンが弾けるようになったんですのよ」
ってフレーズ、ありがちですよね。
そのうちウチの奥さんも娘のことをそういう風になって
しまうのでしょうかね。
娘が音楽に親しんでくれればいいだけなのですが...
Posted by メタボパパ at 2011年08月08日 21:22
こんばんは。

可愛いドレスを着て大勢の人の前で弾くことで、
お嬢さんもいつも以上に気持ちよく
演奏できたのではないでしょうか。

「ミスタッチを臆することなく弾ききる」って
素晴らしいことなんですよ(笑)

私は先生の前でミスタッチをすると激しく動揺するタイプで、
そのあとの演奏はぼろぼろになってしまいます (^^ゞ
先生に「間違えても、それを顔に出さずに
堂々と弾き続けましょう!」と注意されています(笑)

お嬢さんにとってもご家族にとっても
思い出に残る良い1日でしたね (^^♪
 
Posted by smile** at 2011年08月09日 19:26
smile**さん おはようございます

コメントありがとうございます。
娘は自分の演奏より、衣装に拘るタイプのようで
「私が発表会に普通の服で出られるか!」と
発表会
が近づく度にダダをこねるので困ります。
演奏の失敗よりも、他の子の衣装が気になるようで、
「今度はあんな衣装がいい」といっていました。
このままでは演奏会というより、仮装大会になりそう
です。
Posted by メタボパパ at 2011年08月11日 07:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。