2011年07月07日

いつもの儀式 〜たまのご褒美


今日は外出先から直帰し久しぶりに早く帰ってきたので平日ながらブログをアップしてみる。

というより、書きたいことがあったので。 

タンノイオートグラフをメンテする話を大分昔にしたけれど、新しいリスニングルームでの音を一通り確認してからの方が、メンテ後の状態も確認できるだろうということで、とりあえず現状のまま聴き続けている。

今は悲しいかな土曜日も出勤せざるを得ない状況で、家庭内騒音の問題から日曜日にしか聴くことが出来ずにいる。

朝起きて、オーディオルームに行き、金魚にエサをやる。

次にアンプ類の電源を入れ、CDをかける。

左右のタンノイの音を聴き、左Chが出ていないことや、右Chの高音側が出ていないといった不具合点を確認し、ボリュームを上げたり、高音をだけを持ち上げてしばらく音を流しておく。

すると鳴っていなかったchが突然鳴り出し、左右が揃って鳴るようになったら、レコードを聴くようにする。

たまに途中で音が出なくなったりするが、上記と同様にして出るまで待ってから音楽を再度聴くようにしている。

これ、毎週日曜日の日課。

前回の日曜日も儀式のように同じことを始めたら、いつもと違って、あっという間に左右が揃って鳴り出した。

いつもと違う...

期待と不安の中、聴き進んでいくうちに余韻が十分に広がっているのに定位は小さく纏まていることに気が付いた。(それまで定位のことが気になっていなかった。)

ピンと弦が緊張感を持ちながら、太く、輝かしく、例えようもないくらい美しい。

スピーカー間の演奏者から音が解き放たれる感覚は堪らないものがある。

その時はクレンペラーのモーツァルト(BS盤)を聴いていたので録音がいいのもあるが、次々にレコードをかけかえたがどれもいい。

 いいじゃん! すごくいい!

と誰に聴かせるでもないこの部屋で、素晴らしい空間感を感じる音を一人占めで聴く贅沢さ。

さすがに音から美しい香りを嗅ぐまでには至らなかったが、十分に満足するいい音。

たまにはこんなご褒美がなくっちゃね。

〜清掃後.jpg

オートグラフは大きい上、モノラル時代の設計の古いコーナー型は理論上音が良くないし、もっと手ごろなオーディオ装置で音など気にせず音楽を聴いた方がいいよと仰っていた方がいたが、理屈はどうであれ、この素晴らしい音でいい音楽を聴く喜びを一度でもいいから味わって欲しい。

残りの人生、もっともっと充実すること間違いない。

今日は7月7日の七夕。

娘が短冊に願いを書いていたが、お父さんは

 いい音でいい音楽が聴けますように。

といつも願っている。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:47| Comment(8) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、

まあ、時間に不自由な時ほど音は成長する。というのは経験だけで根拠ありませんが。
恋愛なんかも多分一緒でしょうか。
スピーカーと恋愛中だからきっと同じでしょうね。

こんなお話を聞くと、オーディオは電気店でお金を出して買えるものでないことが良く判りますね。出てくる音は機械的、電気的に設計も製造も出来ないし。

Posted by kaorin27 at 2011年07月08日 10:32
メタボパパさん、こんにちわ

ううん、苦しんでいると言うか、故障を楽しんでいらっしゃるようですね。私の使っている装置は、価格の高いものはありませんので、まずは、自分で直せるかどうかやってみて、ダメだったら、諦めで買い直しと言うことになると思います。

さて、クレンペラーのモーツアルトですか。一応、LP(東芝)で持っていますが、ワルターのモノラル録音の方が好きです。ところで、BS盤って、何ですか。まさか、Bruno Walter Society盤のことではないですよね。
Posted by matsumo at 2011年07月08日 17:06
メタボパパさんこんばんは。
いろいろご苦労されておられる様子拝見しております。
オートグラフについてフルメンテというのは必要なのでしょうか?私見ですが、全く不要と思われます。単純にユニットのメス側端子の接触不良はよく起こりますので交換が必要かもしれません。ユニットがHPDの場合はエッジがウレタンでボロボロになってしまいます。エッジ交換というよりゴールド以前のユニットに交換するしかありません。ご参考まで。
Posted by Sea master at 2011年07月08日 21:31
記事を読みながら、とてもうらやましくて。
このままでいのでは、とも思いますが。
とても幸せな時間を持っておられますよね。

愛機というものは、まさにこうだと思いますね。
クラシツクカーもそうですよね。
クラシックカーを愛している人は、スーパーカー
なんて目がいかないと思います。
Posted by 四季歩 at 2011年07月09日 20:20
kaorin27さん こんばんは

コメントありがとうございます。
うんうん、恋愛と一緒ですね。
だって聴けるときはうれしいけど、電源を切るときは
二倍寂しいですもん。(これ松本伊代ちゃんの歌詞
のパクリです。これも80年代ですね)
Posted by メタボパパ at 2011年07月09日 22:15
matsumoさん こんばんは

コメントありがとうございます。
BSというのはブルーシルバーの略で、英COLUMBIA
のレーベルの一つです。
高価ですが、一聴の価値のある音のレコードですので
是非お聴きになってみて下さい。
詳細はこちら
http://analo9love.seesaa.net/article/147420479.html
私もニューヨークpo.時代のワルターのモーツァルト
は大好きです。
Posted by メタボパパ at 2011年07月09日 22:20
Sea masterさん こんばんは

コメントありがとうございます。
連絡してお伺いしようと思っているのですが、今は毎日
いそがしく予定が立たないので、落ち着いたら連絡します。

メンテについてはもう少し様子を見ます。
仰るとおりHPDのウレタンエッジは気になっているの
ですが、不思議に大丈夫な感じです。
もっとも今の音が最も気に入っているので替える気も
ないのですが...
Posted by メタボパパ at 2011年07月09日 22:38
四季歩さん こんばんは

コメントありがとうございます。
何に惹かれているのか分かりませんが、もう20年
以上使っています。
それでもいい音で鳴るとこんなにうれしくなってしま
うのが不思議でなりません。
Posted by メタボパパ at 2011年07月09日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。