2011年05月10日

トマス・タリスに感化され 〜サージェント/ヘンデル:メサイア


先日、バルビローリ指揮、ヴォーン・ウィリアムズの「トマス・タリスの主題による幻想曲」(英HMV ASD521)を紹介したが、自分自身がこの曲に改めて魅せられ、ここ最近英国音楽を聴いている。

ヴォーン・ウィリアムズの他にもエルガーやディーリアス、ホルスト、パーセル、アーノルド、バックスぐらいしか思い浮かばないけど、英国作曲家って結構いるんですよね。

ヘンデルはドイツ生まれではあるが、英国に帰化しているし、作曲活動も英国の方が長い作曲家。

その代表作ともいえるメサイアで最も好きな演奏はクレンペラーなのだけど、最近は英国系指揮者の演奏で聴くことが増えた。

〜 SAX2308-10j.jpg
サージェント/ヘンデル:メサイア
英コロンビア SAX2308−10

サージェントの指揮は、劇的とか緊張感といったものをさほど意識させず、のほほんとした演奏で、イエスは本当に十字架に架けられたの?って感じ、とまでは言わないが、全体的にゆるゆると音楽が流れていく。

この雰囲気が英国っぽいと思うのだが、如何だろう?

 神なんているか! いるなら奇跡を起こしてみろ!

と叫ぶ民の側からの目線で演奏しているようにも思えてくるし、そう考えると素朴でほんのりと土臭い感じが一層際立ち、メサイアの違った魅力に気付かされる。

今までは、そんなのん気なところがあまり好きになれなかったが、今回それが鼻に付くどころか、別な魅力を感じ取れたのは大きな進歩。

ついつい音楽に悲壮感や激しさを求めて、第2部ばかり聴いてしまうが、メサイアの魅力はそれだけじゃないよ。と諭されているような気がする。

そういう意味ではヘンデルではなく、ハンデルと書く方が正しいのかも。

ちなみにこのレコード、録音が良くて、非常に高価なBS(ブルー・シルバー)盤なのにも係わらず、サージェントの人気がないからか非常に安価で手に入る。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:20| Comment(10) | TrackBack(0) | レコード紹介:E〜I | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
記事にあった作曲家のうち、バックスって知らないです。どんな作曲家なんでしょう・・・聴いてみたくなりました。サージェントさんのメサイアも聴いてみたくなりました。自由な時間があと7時間ほどほしくなりました(涙)。

英国の作曲家といえばジェラルド・フィンジが好きなんですが、あんまり知られてないのが悲しいです。クラリネット協奏曲とか素晴らしい名曲だと思うんですが・・・。
Posted by たこ at 2011年05月11日 00:15
こんばんは。

コヤツの魅力を感じれるようになりましたか!
私は未だに「なにノンキにやってんだよ」と突っ込みを入れたくなってしまう未熟者です。

そう思うと録音もなんだか冴えなく聴こえてきて。
プリマと指揮者の険悪な関係で変な緊張感のある「あちら」のヤツに手が伸びる今日この頃です。
Posted by kaorin27 at 2011年05月11日 01:44
サージェントのメサイアは、激安BOX盤に入っていた1946年の旧録音を聴きましたが、飾らない真摯な演奏でじんわりと感動が伝わるものでした。
新しい録音(といっても古い訳ですが)も聴いてみたいと思いながらもまだ叶っておりません。
Posted by golf130 at 2011年05月11日 08:16
メタボパパさん、こんにちわ

ヘンデルは英国に帰化したので英国人の筈ですが、ドイツ音楽中心主義の輩がドイツ音楽に取り込んでおり、それが浸透したままになっていますね。

英国の音楽では、チューダー王朝時代の宗教曲、好きです。

さて、私はサージェント指揮による「メサイヤ」の録音は聴いたことがありませんが、エベナツァー・プラウトによる編曲にサージェントが更に手を加えたもののようですね。昨今の流行は、往年の名演奏との差別化のための原典主義が大流行ですが、聴いているのは昔の人ではなく、騒音に囲まれている現代人ですから、やはり、大きな音とダイナミックなヘンデルを聴きたいと思っています。ちなみに、私はクレンペラー指揮のLPもありますが、ヘンデルが現代オーケストラで作曲したらと言うコンセプトのグーセンス版のビーチャム指揮のLPも聴いていて面白いです。
Posted by matsumo at 2011年05月11日 17:53
英国、というかエルガーに関心が
大きくなってます。
で、とりあえず尾高忠明さんで集め
はじめてます。
今日も一枚買ってきました。

ジェラルド・フィンジのクラリネット協奏曲
も良いというので、今日探したのですが、
ディスクユニオン新宿では見つかりませんでした。
タワレコまで回ればよかったかと、反省。
Posted by 四季歩 at 2011年05月11日 20:22
たこさん こんばんは

コメントありがとうございます。
私もあまりバックスを聴いたわけではないので、何とも
言えないのですが、交響曲が有名で、英シャンドスから
出ていたかと思います。
レコードはこれまた英国のリリタから出ています。

ジェラルド・フィンジ...気になります。
Posted by メタボパパ at 2011年05月11日 22:46
kaorin27さん こんばんは

コメントありがとうございます。
私も今まではあまり受け入れなかったのですが、何故か
今回は「アリだな」って思っちゃいました。

「あちら」盤は私もよく聴きますよ。でも、kaorin27さん
は英盤なんでしょうね。
Posted by メタボパパ at 2011年05月11日 23:03
golf130さん こんばんは

コメントありがとうございます。
サージェントにはモノ盤もあったんですね。
でもサージェントって、周りに流されない感じがする
ので、時を経ても同じ指揮をしそうな気がします。
Posted by メタボパパ at 2011年05月11日 23:07
matsumoさん こんばんは

ビーチャム盤も面白いですね。しかもデッカ優秀録音
のソリア・シリーズですから、聴いていて気持ちいい
です。
Boxからリブレットまで手抜きのないレコードはいつ
までも大切にしたいですね。
Posted by メタボパパ at 2011年05月11日 23:12
四季歩さん こんばんは

エルガーもいいですよね。
実は明日はエルガーの曲を紹介しようと思って、下書き
したところです。
ジェラルド・フィンジは私も気になるので、もしお聴き
になられたら、是非ブログでご紹介下さい。
Posted by メタボパパ at 2011年05月11日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。