2011年05月05日

ちょっとひと休み 〜バルビローリ/ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲


調整、調整、また調整で少々イヤになってきたので、ここでちょっとひと休みし、音楽を聴くことにする。

通常はシリアスに音楽を聴いて楽しむことが多いのだけど、いわゆる小品の名曲集をゆったりとした気分で楽しみたくなることもある。

そんなときには「カノン」とか「グリーンスリーヴス」を取り出すことが多いが、今日紹介するのもそんな一枚。

〜 ASD521j.jpg
バルビローリ/ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲
英HMV ASD521

このレコード、実は一度紹介しているのだけど、その時は「グリーンスリーヴスによる幻想曲」だったので、この曲はお初。

有名なのは「グリーンスリーヴスによる幻想曲」の方だろうけど、この「トマス・タリスの主題による幻想曲」も負けず劣らず魅力的でどちらも大好きな曲。

冒頭から、青々とした広大な大地に光が差し込み、照らされた朝もやが反射し、キラキラ輝いている情景が目に浮かんでくる。

低弦が現れると、この美しい大地の草花を揺らす風が、青い草木の緑の香りを運んでくれるのと同時に、どこかに土臭い力強さを感じさせる。

英国には寒い時期にしか行ったことがないので、このような風景を実際に見たことはないけど、妄想族お得意の技で、何度も見た気になっている。

この曲は16世紀の作曲家トマス・タリスの旋律を用いた作品なので、この風景は、もはや今の英国でも見ることは出来ないのかも知れない。

それでも音楽を聴くことによって、あたかも実際に体感したかのごとく感じることが出来るなんて素晴らしいと思いませんか?

やっぱり、音楽って素敵!

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード紹介:W〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これから段々暑くなり、梅雨の季節など、この曲をはじめとした英国音楽良いですね。
まだ見ぬイギリスの草原地帯が目に浮かぶから不思議です。
Posted by golf130 at 2011年05月06日 07:20
こんにちは。

トマス・タリスの主題による幻想曲といえば!
・・・どんな曲でしたっけ?^^;;
CDももってるし、聞けばああこれだと分かるはずなんですが、今出先のため聞いて確かめることもできず。
でもとてもよい曲だったことは覚えてます。
帰ったら聴いてみます^^
Posted by たこ at 2011年05月06日 13:20
golf130さん こんばんは

コメントありがとうございます。
そうですね。英国音楽って、エルガーやディーリアス
も含めて、初夏のイメージです。
曲によっては合わないものもありますが(笑)
Posted by メタボパパ at 2011年05月06日 22:44
たこさん こんばんは

コメントありがとうございます。
この曲はラッセル・クロウ主演の映画「マスター・
オブ・コマンダー」でモーツァルトのヴァイオリン
協奏曲と共に効果的に使われています。
雄大な自然を体感するのに相応しい曲だと思い
ます。
是非ご自宅で聴いてみて下さい。
Posted by メタボパパ at 2011年05月06日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。