2011年05月04日

リン マジックLP12のセッティング(その5)


昨日はアームの高さと、音の傾向について書いたが、このことから、アームは水平、もしくは若干軸の方が高くなるように調整している。

まずは重厚盤を用意する。なければ手持ちで最も厚みがあると思われるレコードを使う。当然ながらソリのないレコードで、万が一キズを付けたら一大事なので、キズが付いても気にしない程度のレコードがいい。

アームの軸を持ち上げない場合、大抵は下の写真のように、カートリッジ側が高く、この時の音は今ひとつ覇気がないように感じる。

〜写真@.jpg

アームをアームレストに戻し、軸を持って少し上げて、後方左右のネジを締める。

再びレコード上に針を降ろし、水平を確認する。このとき、9ccのアームは横に線があるので、そこで合わせると、比較的分かりやすい。

ここでまだ低い場合は、さらに上記事項を繰り返し、高くなりすぎたら、少し下げるようにする。

このとき、アームベースとアームの間に名刺などを挟んでおくと、アームがストンと落ちることがないし、せっかく地道に作業した苦労が水の泡になることがないのでお薦めです。

高さ調整11.jpg

高さが合ったら、向かって左奥のネジから締め、最後に右奥を締めるようにする。(これはアームを出来るだけ外側に寄せるため:この理由は次回に説明します)

〜写真A.jpg

これが調整後の状態で、写真でその違いが分かるか心配なのですが、それだけ微妙な差を気にしてやっているということだけで、ハタから見れば大した差ではないのですが...

それに、緩やかなソリのレコードを掛けている途中で、低音がハッキリ分かるような変化を見せない場合も多々あるので、自分でも神経質すぎるかな?とも思うので、話半分に聞いておいて下さい。

それでもアームの高さにはどうしても拘ってしまうのですけど...

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:27| Comment(6) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アームの写真を見ました。
その結果・・・
さっぱり違いが分かりませんでした(笑)。
オーディオ初心者ですみません。。。

それにしても角度で音質が変わるなんて考えてもみませんでした。
まさに紙一重の攻防戦・・・
うちも奥さんの機嫌はいつも紙一重なんですけど(汗)。
Posted by たこ at 2011年05月05日 00:14
メタボパパさん、こんにちわ

リンのベルトドライブ式のLPプレーヤーをお使いですか。すごいですね! そして、きちんと調整されているのですね!

私が使用しているLPプレーヤーは、ケンウッドのダイレクトドライブ式の「KP-1100」と言うものですが、調整するところなんかは無いので、単に、モノラ用カートリッジとステレオ用カートリッジを交換する位です(勿論、カートリッジの針先の位置、針圧等については調整していますが)。
Posted by matsumo at 2011年05月05日 07:35
メタボパパさん こんにちは。
『キズが付いても気にしない程度のレコードがいい』一人で大爆笑しました。私は、何時の日か、経済的に許されるならば再びアナログに取り組みたいと思いつつ…年月が過ぎて今にいたってます。先日、小物棚を整理したら、出てくる出てくるアナログ関係の品々。高校生の頃使っていたグーレースのF-8Eをはじめとする数々のカートリッジやヘッドシェル・ちょっと長めのアルミ製水準器・テクニクスの電子式針圧計・様々な材質のリッツ線・トーンアームの様な形のテクニカのレコードクリーナー等々…。本体のセッティング、各部の調整や、温度・湿度等に、敏感にというか露骨にというか、反応して音の表情を変えますからね。変わってほしいところと、変わってほしくないところがあるのに、塩梅が難しい…。思い出して、冷汗が出てきちゃった(笑)。また、読ませていただきますね。今後ともよろしくお願いします。
Posted by 芳賀 瞬 at 2011年05月05日 15:40
たこさん こんばんは

やはり分かりませんでしたか(汗)
自分でも写真を見てそう思いました。
奥さんもこの調整している姿を見て、
 何をコソコソやってんの!
って言っていました。

奥さんの機嫌は、私も調整方法が分かりません。
何が気に障るのか...謎です。
Posted by メタボパパ at 2011年05月05日 22:23
matsumoさん はじめまして

コメントありがとうございます。
ケンウッドのKP-1100は、昔欲しかったプレーヤー
です。
当時のケンウッドはチューナーにせよ、アンプにせ
よ、勢いがありましたね。
学生の身ではとても手が届きませんでしたが。

このようなことを日々書いているブログですが、今後
ともよろしくお願いいたします。
Posted by メタボパパ at 2011年05月05日 22:31
芳賀様 こんばんは

コメントありがとうございます。
オーディオって、色々な要素が絡み、個々の要因で
再生音が大きく変わるので、本当は何が効いている
のかが分かりません。
それでも日々聴いていると、何を聴いても旨く鳴る
日があって、この日のためにどうでもいいことを続
けているのだと思います。
Posted by メタボパパ at 2011年05月05日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。