2011年04月25日

のだめはいいのに、レコードはうるさいの? 真実は...


ちょっとオーディオ話に集中しすぎた感があるので、今日はひと休みして、すこし違った話題を。

レコードを聴いていると、私以外の家族(大抵は奥さん)は、

 うるさい! 音を小さくして!

と必ず言う(もしくは携帯で)。

結婚当初は一緒に聴いてくれていたけど、子供が生まれてから気が付くと敵対関係になっていた。

それでも最初のうちは、言葉で言ってくれたけど、徐々にドアを開けて、無言でボリュームを絞り、ただ閉めるようになり、最近は携帯で済まされるようになった。

一昨日のこと、録画した”のだめ”を夫婦で見ていて、こっちは震災の支援のためにせっせと買ったお酒を呑みながら、お菓子の袋を開けたら、黙ってボリュームを上げられた。

 ねぇ、うるさいんじゃないの!

というと、

 バリバリ、ボリボリうるさくて聞こえないんだよ!

ってなり、

 レコードだって音を大きくしてもいいんじゃない!

といったら、

 レコードには踊るウサギとか、天使とか、楽しい映像がないでしょ!

と言い返された。

レコードを聴いていて、映像がないのは事実だろうけど、聴いていると絶対に映像が見えてくるし、何も見えずに音楽が聴けるのだろうかと逆に疑問に思う。

フルトヴェングラーを聴けば、眼光鋭い眼差しと、毅然とした姿勢から、ガッと振り下ろす指揮棒だって見える。

それが、実際に残っている映像とは異なるにしても一向に構わない。

それは聴いているうちに自然に見えてくるものだから...

それを見ない(見えない?)人(奥さん)の方が不思議だと思うほどリアルな世界。

とはいえ、興味がない人にとってはそういうもんなのかも知れない。

その魅力が分からなくてもいいし、見えなくてもいいので、せめて部屋から洩れる音ぐらい許して欲しいもんです。

しかも、朝から聴けば、軽蔑の眼差しで「本当にスキね〜」と呆れられ、昼に聴くと「子供たちと遊んでやって」とか、「音楽聴く暇があるなら、勉強を見てあげて」と注意され、夜に聴くと「うるさい」とメールが来る。

 じゃぁ、一体いつ聴けばいいの?

と言いたくなる。

昨夜、末娘と”JIN−仁−”を見ているとき、末娘にちょっかいを出していたら、

 うっせーんだよ! ジーニー(なぜかこう呼ぶ)見てんのに!

と怒られてしまった。

結局、うるさいのは”のだめ”でもレコードでもなく、メタボパパの存在そのものなのか...

春なのに冷たい木枯らしが、心の中をヒューっと吹いた気がした。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

娘さん達はそろそろ「そんなお年頃」ってことでしょうか?
オトコ親として未体験ゾーンへ突っ込んで行くのは・・・中々なことで。

先日の「のだめ」のTV放送を録画して見ています。
実に音の録り方が上手ですねえ。まいっちゃう。
チェロバスは実体感あるし、ヴァイオリンも軽々とした出音で。
軽く感動して同じ曲をレコードを聴いてもそれ程でない(涙)

録音技師のりっぱな仕事は間違いないとしても
視神経が聴覚を刺激したなんて・・・あるのかしら。
Posted by kaorin27 at 2011年04月26日 15:35
kaorin27さん こんばんは

コメントありがとうございます。
奥さんのクローンが増えて、困っています(笑)
何せ、口調まで似ているんですから...

カメラワークと音楽がリンクしていると、より感動する
のかも知れませんね。
ただ映像ものの多くはこれがうまくいかず、音楽に集
中出来ないんですよね。
いっそ、のだめみたいにウサギちゃんでも散りばめた
方がいいのかも知れませんね。
Posted by メタボパパ at 2011年04月26日 23:12
残念ながら、どんな名曲、名演奏も興味の無い人からすると、単なる雑音程度にしか聞こえないのでしょうね。
私もよくカーステレオをカミサンに止めさせられたりします(泣)。
Posted by golf130 at 2011年04月27日 07:35
メタボパパさん、こんにちは〜。
うふふ、「いずこも同じ」ですね。
我が家も夫にとっての「調度良い音量」と
私にとっての「調度良い音量」が違います。

以前主人がベートーベンの「第九」を聴きながら
コタツで寝てしまったことがあります。
いよいよ佳境に入り盛り上がるところで
そのヴォリュームに耐えられなくなった私は、
「どうせ寝てるんだから・・・」とついつい止めてしまいました。

すると突然夫が「何で消すんだよ〜(>_<)」と・・・
本人曰く、寝ていたのではなく、
目を閉じて聴き入っていていたのだそうです。
「せっかくここまで気持ちを盛り上げてきたのに・・・」と、
そうとうショックだったようです。

それ以来夫が目を閉じていても止めることはせずに、
そ〜っとボリュームを下げています。
でもやっぱり気づくんですよね(笑)
Posted by smile** at 2011年04月27日 17:20
golf130さん こんばんは

コメントありがとうございます。
夫婦の趣味が一緒ならこんなことはないのかも知れま
せんが、二人で欲しいオーディオを買っていたら破産
してしまうので難しいですね。
理解を求めるのではなく、お互いの領域に踏み込まな
い方が幸せなのかも...
Posted by メタボパパ at 2011年04月27日 22:54
smile**さん こんばんは

コメントありがとうございます。
コメントを読んで、ウチのこと?って思っちゃいました。

恥ずかしながら、私は本当に寝ていたくせに、TVを
切られると、「今見てたのに〜」と言ってTVを点けて
は、また寝ていたそうです。
それ以上に奥さんに話しかけて、そのまま寝ていた
こともあり、「呆れてあごが外れた」と言われたりして
います。
Posted by メタボパパ at 2011年04月27日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。