2011年04月22日

グラフィックイコライザーの調整(1)


ようやく部屋に特有の”かほり”が漂うようになり、タンノイオートグラフからそれらしい音が出るようになってきた。

この間、スピーカーの間隔を広げたり、狭めたり、少し前に出したり、下げたり、角度を変えたり、試聴位置も前後したり、立ってみたり、ウロウロしたりと、他人様から見ればどうでもいいことをいろいろやっていた。

その介あってか、はたまた自己満足からか、こんな感じかなってところに収まってきた。

〜音出し.jpg

しかし、注意して聴いていると定位が若干振れることがあり、左右のバランスが異なっている周波数があることが分かる。

また、オートグラフの箱が盛大に鳴り、スピーカー自体から音が聴こえるので、ここも何とかしたい。

ここで、何を言っているんだ!スピーカーから音が聴こえるって当たり前じゃないか!と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。

実際にはスピーカーから音が鳴っているのですが、左右二本のスピーカーから放たれた音は、スピーカーが歌うのではなく、スピーカー間に現れる演奏者から鳴ってくれないと困るのです。

他には、部屋が6畳と狭くなったので、おのずと試聴位置が近くなり、高域がややうるさく感じたり、ダイレクトな音がスピーカーから鳴っているのが聴こえる傾向が強くなる。

以上ざっと書き出したが、読み返すとまだまだ納得する音には程遠いことが分かる。

今の部屋では、感動で金縛りになってもいないし、演奏者と音楽と自分しかいない世界にも入り込んでいない。

ましてや、”究極のいい音”だと思っている演奏者の香りを感じ、その音を嗅いだ瞬間も訪れていない。

そこまでいくにはまだまだ時間が掛かるのだろう。

いつもなら、もう少し様子を見てということもあるのだが、ある程度この部屋で納得する音が出たら、オートグラフをメンテに出す予定なので、気になる点をグライコで調整することにした。

つづく

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。