2011年02月13日

同じレコードの中にも 〜アンヘレス/A WORLD OF SONG


昨日と同じレコードなのだが、「歌の翼に」以外にも素敵な曲が多く、どうしても外し難く、続けて紹介することにした。

〜 ASD651j.jpg
英HMV ASD651
アンヘレス/A WORLD OF SONG

子守歌(ブラームス)
 もしも世界中の子供たちがこの歌声で寝かせてもらえたなら、犯罪なんて起こらない世界になるのではないかと思うくらい、深い愛情に包まれた気持ちになる。

わが母の教え給いし歌(ドヴォルザーク)
 美しい旋律の中に、愛情、楽しい思い出といったものがいっぱい詰まっていて、今後介護問題に直面するであろう我が家にとって、勇気と希望を与えてくれる。

愛の喜び(マルティーニ)
 本来なら「愛の哀しみ」としたほうがいい歌詞なのに、曲名の先入観と、曲自体の雰囲気に騙されて、「恋愛しちゃおう!」って思っちゃう。

ラ・パロマ(イラディエル)
 オリエンタル・ムード満載で意味は分からずとも、明るい気分になって、自然に口元が緩みニヤニヤしてしまう。

以上4曲を代表で挙げたが、その他にもスペイン的な曲など、本当に魅惑的な曲が目白押しの1枚。

残念なのはこのレコードNo.がASD651のため、あの美しいWG(ホワイト・ゴールド)のレーベルではなくて、SC(セミ・サークル)だということ。

〜 ASD651L.jpg

もしもWGだったら、レコードをかける喜びが倍増したのにとついつい愚痴をこぼしたくなる。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード紹介(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

メタボパパさんは、本当に色々なジャンルを聴かれてますよね。私はオーケストラの曲ばかり聴いています。でも、最近はシューベルトの歌曲なども聴くようになりました。ただ、ゲオルギューの歌は好きでして、CDを1枚だけ持っております。

アンヘレス、興味持ちました。いずれ聴いてみたいと思います^^
Posted by kurt2 at 2011年02月13日 21:53
こんにちは。

「我が母・・・」は結婚式の時に母親への花束贈呈のBGMに使った思い出深い?曲です。
ただし、そのときはシュワルツコップの厳し目の歌唱だったのが若気の至りでした。

ロス・アンヘルスの含蓄ある謳い方、ピッタリの名前は、より結婚式向きですね(笑)
Posted by kaorin27 at 2011年02月14日 15:43
kurt2さん こんばんは

コメントありがとうございます。
実は私も声楽曲はあまり聴いていなくて、アンヘレス
が特別な存在なんです。
私の場合、声楽曲よりオケ曲を買うのは、同じ金額な
ら、編成が大きいほうが得した気分になるといった程
度の貧乏根性からなのですけど。
Posted by メタボパパ at 2011年02月14日 22:49
kaorin27さん こんばんは

コメントありがとうございます。
花束贈呈のBGMに「我が母...」をチョイスするとは
流石です。
アンヘレスの歌声は私の心を捉えて離しません。
温もりを求めているからかも...
Posted by メタボパパ at 2011年02月14日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。