2011年02月04日

断捨離ってやっぱり難しい 〜トイ・ストーリー3


外出先で突然末娘が

 今頃、お人形さんたち、お話しているのかなぁ。

と言い出した。

???と思ったが、よくよく聞くと、「トイ・ストーリー3」を見て、
人形たちが人のいないところでは、本当に動いたり、話したり
していると信じたようだ。

〜 toy3.jpg

そういえば子供の頃「ウルトラマン」の中で怪獣が大阪城を襲っ
ていたのを信じ、父が大阪に出張に行くのを泣きながら止めた
のを思い出す。

この映画の中で、おもちゃたちの持ち主である少年が成長し、
もう遊ばなくなってからの顛末が描かれているが、見ていると
レコードやオーディオと自分の関係とダブって見えてくる。

この青年アンディは、最初1番大切なおもちゃ(ウッディ)を手元
に置き、それ以外は屋根裏部屋に保管するつもりでいた。

途中の冒険はさておき、最終的にはおもちゃを大切にする女の
子に渡し、おもちゃたちも青年との別れを悲しみつつも、新しい
持ち主と幸せに暮らすことになるのだが、見ていて胸がキューン
となった。

聴かないレコードやオーディオ機器をスペースを作り、何とか
収めたとしても、使われないレコードたちが本当に幸せなのだ
ろうか? 大切に聴いてくれる人の元で音楽を奏でている方が、
幸せなのではないか。

断捨離って「今の自分」を明確にして、不要な「モノ」を手放す
ことなのでしょうけど、自分にとっては捨てたり、離したりする
ことを断るっていうほうが近いような...

元々使っていないのだから、無くなっても問題ないのでしょう
けど、どうして手放そうとすると想い出ばかりが蘇っちゃうの
でしょうね。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トイ・ストーリー見ると、本当にオモチャが喋ったり自ら動いたりするように思えてしまいます。

小学生の頃、同級生の女の子から、「オモチャ屋さんで、まるで生きてるように自分に付いて来てしまうオモチャを見た」といった話を聞き、心踊らせたのをずっと覚えておりました。
数年前、同窓会で会った時に「あれって一体何だったの?」と数十年前の事を聞いたのですが、「そんな話したかなあ?」でしたorz
Posted by golf130 at 2011年02月06日 21:21
golf130さん こんばんは

コメントありがとうございます。
本作はシリーズの中で、最も良かったと思います。
子供以上に感動しました。

その生き物のように付いてくるおもちゃって何なのか
気になりますね。

恋人みたいに語りかけてくるスピーカーって言っても、
誰も信じてくれないのでしょうけど。
Posted by メタボパパ at 2011年02月06日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。