2011年02月01日

LINN LINGO電源


MAJIK電源からLINGO電源に変え、約2ヶ月が経った。

〜LINGO1.jpg

電源を変えただけなのにこの音の変化は、知っている方なら当
たり前のことなのだろうけど、知らない人間にとっては驚嘆に値
する出来事。

激変してからというもの、レコードを聴くことが一層楽しくなって
いる。

驚きも2ヶ月も経てば慣れてくるが、また新たな音の変化が見
えてきた。

その変化とはエッジの強調感がなくなってきたこと。

文章にしてしまうと「えっ、今までは強調感があったの?」と
なるけど実際は微妙な差でもあり重要な差でもある。

なんというか、一種の硬質感みたいなものがなくなり、フワッ
と音が消えていく感じ。

では音が柔らかくなったのかというと、芯の強さは相変わらず
で、弦を擦る感じはしっかり出ていて、その倍音の広がり方や
消えていく感じがフワッとしている。

輪郭の強調はある面では魅力的だが、わずかにボカシがあるほ
うがよりふくよかで立体的に感じるので、この変化は好ましい。

オーディオは長い期間一緒に暮らすことによって、息が合うよ
うになるので、パッと聴いてコレだ!と決めたからにはトコトン
付き合うべきだと思う。

使いこなしというよりは、使い込み(?)か。

2月下旬にまた取材があるので、それまでの期間しか使えない
が、かなり欲しい存在になっている。

しかし、LINGOの上にRADIKALがあり、こちらはDCモーター
で低圧駆動だし、モーターを傾かせて回転を調整する必要も
ない。

LINGOでこれだけいい音になるならRADIKALを使ったほうに
より期待してしまう。

しかもRADIKALには電源の筐体が2種類あり、きっとこれを
変えただけでも音が違うってことになるんでしょうね。

LINGOかRADIKALの何れかを買うことになりそうな予感が
する。

当然のことながら、リフォーム予算にこのアップグレード費用
を盛り込んでいることは奥さんには内緒。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

ラベル:LINN lp12 lingo radikal Majik
posted by メタボパパ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。