2011年01月18日

ヒロ・ヤマガタ


私が小学生か中学生の頃、父が

 見ていて楽しくなる絵を買った。

といって、届いたのがヒロ・ヤマガタの「ペリエ」だった。

〜 ペリエ.jpg

その当時はヒロ・ヤマガタなんて呼び名ではなく、山形博導と本名
だったように記憶している。

人気が出る前だったので当時の価格で40万円弱だったのだが、
我が家では全くの不評で

 なんだよこれ! 買うならちゃんとした絵を買えよ! 

と言ってバカにした気がする。

それが人気が出たとたん、枚数の少なかった「ペリエ」はどんどん
高騰し、300万円以上になったときの父の得意げな顔が忘れられ
ない。

私がタンノイオートグラフを欲しかった頃の価格はオリジナルでも
150万円だったが、あっという間に450万円に上がったのと
同じような感じだったので、

 それならタンノイを買ったほうが良かったのに。

と思ったのも何故か覚えている。


部屋の整理で数枚のヒロ・ヤマガタの作品が出てきた。

 今売ったらいくらになるんだろ。

なんてすぐ下世話な考えが頭をよぎるが、それを察知したのか
母に、

 これはお父さんの大切なものなんだから取っておいてよ。

と釘をさされた。

私が死んだあとレコードやオーディオたちはどうなるのだろう?

子供たちに

 もう聴かないんだから売っちゃえー!

といわれてしまうのだろうか? それとも

 お父さんの大切なものなんだから取っておこう。

といってもらえるのだろうか?
 
それ以前にその価値が失われなければいいのだけど。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、山形博導で覚えています。
変わった絵で、印象に残っています。
そういう絵が残っているのはうらやましいですね。

私の家にも、祖父が集めたもの、父が集めたもの、
残っています。
そういう祖父や父が誇らしい気持から、
ずっと残しておくつもりです。

お子さん、音楽お好きらしいから、
タンノイ持ってた自慢の父ということで、
ずっと残りますよ。
Posted by 四季歩 at 2011年01月19日 20:14
四季歩さん こんばんは

コメントありがとうございます。

>そういう祖父や父が誇らしい気持から、
 ずっと残しておくつもりです。
→素敵なお考えですね。売っちゃおうと
 すぐ考える自分が恥ずかしいです。

奥さんや子供たちに根気よく、タンノイの
素晴らしさを伝えていこうと思いました。
Posted by メタボパパ at 2011年01月19日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。