2011年01月01日

明けましておめでとうございます 〜カラヤン/ヨハン・シュトラウスU世:こうもり


2011年 明けましておめでとうございます

本年も音楽やレコード、オーディオ、そして日常について少し
ずつ書いて参りますのでよろしくお願い申し上げます。

我が家ではJ・シュトラウスU世のこうもりを年始一発目に掛
けるのが恒例になっていて、昨年はカラヤンのモノラル盤を
紹介しましたが、今年はステレオ盤。

〜 SET201j.jpg
カラヤン/ヨハン・シュトラウスU世:こうもり
英デッカ SET201/3

演奏自体はモノラル盤を推すけど、ステレオ盤には何といって
も、ガラ・パフォーマンスの楽しみがある。

曲自体とは無関係だし、同じ演奏でガラ・パフォーマンスを除い
たレコード(英デッカ SXL6015/6)も出ている。

が、ガラ・パフォーマンス付きが断然お薦め。

昔はこういったものは音楽に対し、不純な気がして不快感を持
っていたが、歳を取ったせいか、寛容になったみたいで、今で
は、何でそんなことを気にしていたのか不思議なくらい楽しく
聴いている。

丁度、ミュージカル映画に違和感があったのに、ディズニー映
画を子供たちと見るうちに、自然に受け入れられるようになった
のと似ている。

どんな形であれ、音楽が素晴らしいことに変わりはないので、
偏ったこだわりは捨てて、何事にも心の底から楽しめるように
したい。

 一年の計は元旦にあり

「毎朝、早起きする」は無理なんだよなー!と悩みながら、新
年の誓いを考えている娘をよそに、今年はこの

 「心の底から楽しむ」

を目標にしようと思う。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:14| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん
こんにちは!
明けましておめでとうございます。

正月二日もとても良いお天気です。
素敵なお正月をお過ごしください。
いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。♪

Posted by Good afternoon! at 2011年01月02日 12:06
明けましておめでとうございます。

昨年は、オーディオや音楽とともに日常生活の記事を楽しく拝読させて頂きました。

「心の底から楽しむ」という目標良いですね〜!

趣味は勿論、仕事もなるべく楽しんでやりたいと日頃思っております。

私も真似をして、「腹の底から笑う」にしようかな。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
Posted by golf130 at 2011年01月03日 09:08
こんばんは、ヤフオクを見ていて、こんなラベルを見つけました。
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v170012306
どう思われますか?
他に以前ヤフオクで、B面がED3で、A面が溝なし original recording by のレコードを見たことがあります〜写真保存しています。
宜しかったら記事にして下さい。
Posted by おぺれった at 2011年01月03日 22:22
Good afternoon!さん 

明けましておめでとうございます。
こちらも大雪の方々には申し訳ないくらいお天気
に恵まれています。
こちらこそ、本年もよろしくお願い致します。
Posted by メタボパパ at 2011年01月03日 23:58
golf130さん

明けましておめでとうございます。

息子も「笑うかどには福来る」とよく言うので
何事にも笑えるような懐の深い人間になりたいです。

こちらこそ本年も宜しくお願い致します。
Posted by メタボパパ at 2011年01月04日 00:04
おぺれったさん こんばんは

コメントありがとうございます。
また貴重な資料をありがとうございます。
英デッカのSETは600番台までだったと思うので
これは英盤ではないと思います。
ED1の場合、6時の位置にMade in Englandの
文字がありますし、ORIGI〜の文字の感じが少し
違う気がします。

私もORIGI〜でありながら、溝のないレコードを
ブログで紹介したことがあります。
http://analo9love.seesaa.net/category/7897185-1.html
日本では有り得ないほど杜撰な管理だったのかも
知れません。
あの素晴らしい録音を残しているのに不思議な気
がします。
Posted by メタボパパ at 2011年01月04日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177983889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。