2010年12月22日

買ってないけどLINGO電源導入記(5) 〜カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー


カラスの「カルメン」では、最初の印象が悪かったものの、徐々
に調子が上がり、レコード1面が終了する頃には十分満足する
音になっていた。

そこで、スケールの大きな演奏を聴きたくなり、次に聴いたのは
カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー。
(アナログ誌本文では3番目になっているけど、レーベルの順
 番の都合で変更した)

SAN292j.jpg
カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー
英EMI SAN292/6

予想していた以上に見事にハマッた音で、自分の装置ながら
他人事のように

 いや〜凄くいい音ですね。

と発してしまったほど。

心の底から感動し、武者震いしそうなくらい身体がゾクゾクする。

 こういう風にキチッと音の出る装置で聴くと、LINGOの効果
 は一層際立つんですよ。

というリン・ジャパンF氏の言葉が、お世辞があるにせよ納得
するくらい”いい音”だった。

確かに電源をLINGOに変えると音がよくなることは分かった
が、ではどうしてプレーヤーの電源を変えると音がよくなるの
かがどうしても理解できない。

回転が安定しないプレーヤーに対して、クリーンな正弦波で
モーターを駆動し、音が安定するなら理解できる。

しかし、LINN MAJIK LP12だって特に不満があったわけ
ではないのに、その音が懐が深く、ゆったりとしたスケール感
をまざまざと見せつけるかのように変化するのは理解不能。

 音がいいならいいじゃん!

ともいえるけど、技術的な裏付けがどうしても欲しくなる。

少々弱いオツムで考えてみる。

ZZZ...つづく

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり電源対策の効果は大きいようですね。

私も、参考のために技術的な解説が
欲しいところです。
そこんところよろしく(笑)

でも、対策のし甲斐のあるセットですからね、
パパさんのは。

私は、基本的構成からアップしたい(泣)
Posted by 四季歩 at 2010年12月23日 19:55
四季歩さん こんばんは

コメントありがとうございます。
本日仮説を立ててみましたが如何でしょう?
立証する測定方法があるのか否かも分かりませ
んが、リンもACモーターからDCに変更しているの
で、まんざらでもないのかなって思います。
こういう点に関し、お詳しいお方がコメントを下さ
ると有難いです。

Posted by メタボパパ at 2010年12月23日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。