2010年12月10日

英盤は高価でも仏盤なら 〜クレンペラー/チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

 
英コロンビアのBS(ブルー・シルバー)は素晴らしい演奏が、
素晴らしい録音で数多く残されているが、如何せん高価なのが
玉に瑕。

おかげで欲しくても買えないレコードがいっぱいあるけど、高
価だからといってその音楽を聴かないのはもったいない。

しかしながら、薄っぺらな音のレコードではその演奏も歪めて
評価しかねない。

そんなとき、英盤と比べても音質は互角(我が家の場合)で、
価格をかなり抑えることができるレコードが仏初期盤。

SAXの頭文字にFをつけたSAXFのレコードがこれに該当。

〜 SAXF248.jpg
クレンペラー/チャイコフスキー:交響曲第6番
仏パテ SAXF248

このレコードの英盤もご多分に漏れず非常に高価だし、いい音
なのは知っているが、この仏盤はディスクユニオンで3〜4千円
だったので試しに購入し、音がいいのに驚いた。

ジャケットのデザインは一緒だし、その音だって素晴らしく、
決してやせ我慢しているわけではないし、2ndレーベルを手に
するよりずっとマシだと思う。

となれば仏盤はやっぱり狙い目。

ただこの辺りは再生装置や部屋によって大きく変わり、場合に
よっては、仏盤は全然ダメ!ってことも十分あり得るので、そ
の点は注意が必要。

敢えて残念な点を挙げるなら、レーベルのデザインがブルー・
シルバーの美しさに比べ劣ることぐらいか。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

 
posted by メタボパパ at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、
軽快な音色が気に入って、私も仏盤のファンです。

どちらかと言うとSAXF ASDF SAN○○F などを、まず始めに探すほど肩入れしているんですよ。
それと、PHILIPSもフランスプレスはやはり独特のアンニュイな感じでいいですね。

まあ、あまり大勢で力説して評価が上がって買いづらくなってはイケナイので静かにしていますけれど。
Posted by kaorin27 at 2010年12月11日 02:47
kaorin27さん こんばんは

コメントありがとうございます。
仏盤の魅力が俄然輝きだしたのは、ステレオサウンド
の取材で石井先生にイコライザーのご指導を受けた後
からで、それまで英盤がダントツだと思っていました。
SANの仏盤は持っていないので、少し集めてみようか
と思います。(こっそりと)
Posted by メタボパパ at 2010年12月12日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。