2010年09月17日

最も売れたレコードって? 〜 クライバーン/コンドラシン/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番


世界中で最も売れたアルバムといえば、マイケル・ジャクソン
の「スリラー」、シングルではエルトンジョンの「キャンドル・
イン・ザ・ウィンド 97」になるらしいが、クラシックでは何に
なるのだろうか?

コンピアルバム以外では、ナイジェル・ケネディのヴィヴァルディ
「四季」が、全世界で200万枚を記録し、最も売れたクラシック・
アルバムとしてギネスブックの認定も受けたらしい。

国内では1位がイ・ムジチ(アーヨ)のヴィヴァルディ「四季」
で、2位がカラヤン/ベルリンPoの「運命」&「未完成」らしい。

ドイツではオイゲン・ヨッフム/オルフ:カルミナ・ブラーナ
だそうで、お国によって異なるのも興味深い。

全米では何が売れたのか、気になってネットで調べたのだが、
よく分からなかった。

その昔、何かの本でクライバーン/コンドラシンのチャイコフ
スキー:ピアノ協奏曲第1番が最も売れたレコードと紹介され
た記事を見た記憶があるのだが、どうも曖昧だ。

〜 LSC2252.jpg
クライバーン/コンドラシン/チャイコフスキー:
ピアノ協奏曲第1番  
米RCA LSC2252

初期盤の世界は需要と供給の関係が大きく関与しているので、
プレスされた枚数が多いとおのずと価格が下がってくる。

要は発売時に売れたレコードは低価格となり売れなかったレコ
ードが法外な値段になるということで、シューリヒトなどは後
者(素晴らしい演奏なのはもちろんだが)の代表例だろう。

さて、そういう目で見てみるとこのクライバーン盤もアホみた
いな低価格で売買されているのがほとんど。

当時売れたことがこのことからも分かるが、彼が輝いていたの
はこの一時期のみで、この後パッタリと音沙汰がなかったので、
てっきりもう亡くなっているのかと思っていたほど。

辻井伸行さんが優勝したコンクールでクライバーンが存命して
いることを知り、久しぶりに顔を見て相変わらず男前だったが、
ピアニストとしてショパンの録音に見られる輝きを失っている
のが残念でならない。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

クライバーン盤、小生もLP&CD両方とも
持っています、でも10年以上聴いてないかな。(笑)
当時は達者な腕前でしたが今やテクニックなら彼に負けない腕達者がゴマンといますから。彼の優勝は米ソの政治的な要素もあったのでしょうね。

ポチ応援していきます。♪
Posted by のり2 at 2010年09月18日 13:16
私は、辻井伸行さんのコンクールで、
こんなエライ人なんだから、ピアノすごいんだろな、
と思った口です(笑)
すいません、聴いてません。

イ・ムジチの四季は、ジャズ一辺倒だったころに、
ステレオ買って、家族サービス用にクラシックもと、
最初に買ったクラシックでしたね。
私でも、「四季」は知ってたと(笑)
Posted by 四季歩 at 2010年09月18日 20:27
おお、伝説のクライバーンの録音ですね♪
昔、FM放送では一度くらいは聴いたことがあるだろうと思うのですが、記憶に無く、どんな演奏か聴いてみたくなりました。
残念なことにクライバーンは一発屋でしたね。
Posted by golf130 at 2010年09月18日 20:54
のり2さん こんにちは

コメントありがとうございます。
>彼の優勝は米ソの政治的な要素もあったのでしょうね。
→仰る通り、実力以上に政治の力でのし上がる例は彼の
ほかにも沢山ありますね。
それでも、この時期のクライバーンは魅力がありました。
もしも、胡坐をかくことなく鍛錬してくれていれば、
いつまでも愛されるピアニストの一人だっただろうと
思ってしまいます。
Posted by メタボパパ at 2010年09月19日 15:54
四季歩さん こんにちは

コメントありがとうございます。
私もRCAに録音した数枚のレコード演奏しか知り
ませんが、本当にこの時期の演奏は魅力的です。

「四季」は音楽に興味のない方々にも広く知られた
名曲ですね。
クラシックを好きになった頃、友達がイ・ムジチ盤ばかり
だったので、ルツェルン盤をよく聴いていましたが、結局、
今はイ・ムジチ盤を聴いています。
Posted by メタボパパ at 2010年09月19日 16:01
golf130さん こんにちは

コメントありがとうございます。
本当にクライバーンはこの時期しか知らず、特に話題
にものぼらなくなってしまいました。
丁度RCAの録音の低下に合わせているようで、豊かな
国アメリカの衰退を示唆しているようにも感じます。
Posted by メタボパパ at 2010年09月19日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。