2010年09月14日

表と裏 〜 クレンペラー/マーラー:交響曲第4番

 
マーラーの交響曲では第9番が最も好きで、バルビローリの演
奏が中でも大好きなのだが、この初期盤はあまりにも高価すぎ
て未だに手に入れられずにいる。

マーラーを聴き始めた頃、最初に好きになったのが何番だった
のかは忘れてしまったが、第2番か4番ではないかと思う。

当時の感覚では2枚組のレコードを買うというのは、1枚もの
のレコードを買うよりかなり損した気分になり、なかなか勇気
のいる行為であった。

そういう意味では、マーラーも1枚ものの第4番から買い始め
たのではないかと思うのですが、どうも記憶にない。

それでも最初は初期の方に惹かれて、マーラーを聴くようにな
ったのは事実で、その中でも第4番を良く聴いた。

この曲、冒頭のドイツの森のメルヘンの世界から、第4楽章か
らは水墨画に書かれているような古い中国へ一気に飛ばされる
気分になり、表と裏のような全く異なる世界が広がる。

聴き続けているうちに、この二面性に最近違和感を感じるよう
になった。

〜 SAX2441j.jpg
クレンペラー/マーラー:交響曲第4番
英コロンビア SAX2441

当初このレコードはリイシュー盤で聴いていたが、どうも音が
硬く、表情がほぐれないのが不満だった。

 こんなはずはない。

と、思ったが、BS盤のご多分に漏れず、高価でなかなか手に
入らず、ライナーのRCA盤を愛聴していた。

その後、ようやくこのレコードを手に入れたときには、改めて
BS盤の素晴らしさを再認識した。

クレンペラーの演奏は重厚で、何だか裏側から見ているような、
この曲の別な一面を垣間見ることが出来る。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:J〜M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。