2010年09月09日

草葉の陰からタンノイオートグラフ


タンノイオートグラフのモノラル再生で非常に気をよくしている
が、ステレオ時代に購入しているので、もう一本が当然ながら
余ることになる。

小さければ何の問題もないのだけど、この巨体をうまく収納す
るすべがない。

部屋のコーナーに設置し、観葉植物を前に置いているものの、
目立たないとはとても言えない。

〜re-5.jpg

先週末に実家に帰った際、息子が

 なんか草葉の陰から見ているみたいだね。

といっていた。

使い方として正しいのかやや疑問が残るが、使われていない
スピーカーからすれば、あの世にいるのも同じなので、まさに
草葉の陰から見ているようなもんか!と思い、笑ってしまった。

将来の夢として、初期盤を集めてクラシック音楽をメインにし
た喫茶店をやってみたいのだが、タンノイオートグラフの1本
使いをこのお店でも出来たら、オートグラフが余ることもなく
スッキリ収まる。

こんなグッド・アイデアを奥さんに話したのに

 夢を見るのはタダだから。

と、すぐ現実に引き戻す。

叶わないからこそ、いつまでも夢を見ていられるのに。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162049500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。