2010年08月19日

デジタル時代の好録音 〜 C.クライバー/ブラームス:交響曲第4番

 
ドイツグラモフォンは50〜60年代は独特の魅力を持った録音を
数多く残した。

しかし、70年代の録音(特にオーケストラ曲)はどうも好きに
なれず、所有しているこの時期のレコードは、そのほとんどが
器楽曲に集中している。

ところが、デジタル録音が始まると今までの不満を払拭するよ
うに素晴らしい録音に変化する。このため、80年代のレコード
は独グラモフォンが多い。

〜 2532003.jpg
C.クライバー/ブラームス:交響曲第4番
独グラモフォン 2532 003

C.クライバーは70年代から独グラモフォンに入れており、何
れも高い評価を得ているが、演奏は素晴らしいものの録音が今
ひとつなのが残念だと個人的には思っている。

ところがブラームスの交響曲第4番は初期のデジタル録音であ
りながら、この時点ですでに完成度が高く、素晴らしい演奏が
好録音で録られている。

濃厚な演奏も好きだけど、颯爽とスマートなC.クライバーの演
奏も蒸し暑い日の一服の清涼飲料のように乾いた心に沁み込ん
でいく。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

クライバーのブラームスの4番は
本当に颯爽とした且つウィーン・フィルの
演奏もエネルギッシュな演奏ですね。

ポチ! していきます。♪
Posted by のり2 at 2010年08月20日 23:11
のり2さん こんにちは

コメントありがとうございます。
クライバーは本当に素晴らしく、部屋の中で「ブラボー」
と叫ぶときがあります。

実はのり2さんのブログに何度か訪問しているのですが、
ネットの接続状態が悪いのか、いつもフリーズして
しまいます。
また、復活したらよろしくお願いします。



Posted by メタボパパ at 2010年08月21日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。