2010年08月07日

安っぽいスリーヴ 〜 カラヤン/ヴェルディ:アイーダ

 
レコードは演奏者をはじめ、エンジニア、プロデューサー等々
多くの面々の努力によって作られている。

彼らはいわば録音に係わる当事者。レコードという作品への
想いが強いことは想像に難しくない。

一方レコード会社の経営陣は、売れる、儲かるということを主
にしているのは当然のこと。

スリーヴ(ジャケット)の担当は上記のどちらに属するのだろ
うか?

以前紹介した米RCAのソリアシリーズなどは前者側の立場
でいうなれば、レコード愛好家よりの目線に立っている。

英DECCAのスリーヴ担当者は残念ながら後者側に属し、
コストダウンを旨としていた。

企業とすればムダを省くことは重要なことだし、悪いことでは
もちろんない。が、レコードという作品においてはどうしても
非難したくなってしまう。

カルショウはその著書「レコードはまっすぐに」の中で、

 安っぽい。私たちと音楽家たちが録音で達成しようとした
 ものとは、どう見ても正反対の代物だった。
 ....たちの悪い冗談だった。

と書いているのがこのレコードのスリーヴ。

〜 sleeve.jpg
カラヤン/ヴェルディ:アイーダ
英デッカ SXL2167−9

何となくツメ切りを入れるケースに似ていて、他にBoxタイプ
もあるが、何れにせよ、この曲最高とも称されるレコードの顔
としては寂しいものがある。

今やCDすら配信音楽の影響で売り上げが落ちている有様
なのだから、必要なところまでコストダウンするのではなく、
所有欲を駆り立てる作品を世に出すべきではないだろうか。

そういう作品こそ永遠に輝きを失わないのだと信じたい。

だからといってあまりにも高価になってしまったら意味がない
のだけど。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。