2010年07月29日

レコード整理のその後


我が家のレコード整理もかなり進み、棚の一つは実家に移動す
ることが出来、残りのもう一つの棚も大分減って、あと一息で
完了しそうな気配。

AU-112.jpg

また、オークションの売り上げも予想以上に高値で落札して頂
き、欲しくても買えなかったレコードを数枚購入できた。

今悩ましいのはオペラのLDをどうするかで、これを実家に預
けてしまうと、パイオニアHLD−X0 LDプレーヤーが全く
無用の長物と化してしまう。

オペラのLDは、知らない曲の場合、ストーリーが分かり易い
ので重宝したが、内容が分かってくると、多用なアップなどの
カメラワークと音声の定位とのズレに違和感を覚えるものが多
く、プロジェクターによる大画面ではより目立ち、画質の悪さ
も気になるようになり徐々に見なくなっていた。

パイオニアHLD−X0をLDと実家に一緒に送っても、実家
にもパイオニアLD−X1があるので二台になり宝の持ち腐れ
だし、我が家のオーディオラックも空いてしまう。

DVDがこれほど普及した状態では、LDを収集する方も少な
いだろうし、CDとレコード(初期盤)のような関係にはならない
だろう。

ほとんど見ないLDのためにレコードを減らすのはもったいな
い気がするし、その分レコードを厳選したと思えばいいのかな
とも思ったりもしたが、別のいいアイデアが浮かんだ。

例えば、「薔薇の騎士」などは、あまり聴かないくせにレコード
はカラヤン盤とE.クライバー盤、ベーム盤等を持っていて、こ
れをC.クライバーのLD一組にすれば、スペース的に余裕が
出来る。

同様にあまり聴かないオペラをLDのみにしてレコードを実家
送りにすれば、LDの存在価値を保ちながら、レコードを失っ
た感もない。同じ曲ならLDの方が枚数が少ないし、ブックレ
ットも薄い分スペースを取らない。

これでレコード棚二つに全て収まればめでたし、めでたしとな
るはずなのだが、果たしてうまくいくかどうか。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん
こんばんは!

LDは小生も持て余しており、踏ん切りが
つかないでいます。

殆どワーグナーやR・シュトラウスのオペラ
なのですが、果たして生きているうちに陽の目が再びsるのかどうか。。。(笑)

ポチ!してかえります。♪
Posted by のり2 at 2010年08月01日 21:22
のり2さん こんばんは

コメントありがとうございます。
聴いていないくせに何故か手放すとなると忍びないん
ですよね。
自分でも何とかならないのかと思うのですが...
Posted by メタボパパ at 2010年08月02日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。