2010年07月28日

日本のDNA、ウィーンのDNA 〜 ボスコフスキー/シュトラウス:ウィーンの森の物語

 
ピーピーピーヒャララといった笛や太鼓の音を聴くと何故か気
分がウキウキする。

これは私ばかりでなく、老若男女を問わず多くの方々も同様
のようで、お神輿を担いでいたとき、みんなうれしそうな顔をし
ながら見ている。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんもじーっと見つめながら足を
バタバタさせている。

こんな頃(あるいはお腹の中)から、この曲を聴いているんだ
から自然とウキウキしてくるのも分かる気がする。

伝統というのは親から受け継がれるDNAみたいなもんかも知
れないなぁと思った。

音楽の都ウィーンの子供たちにとってはシュトラウス・ファミリー
の音楽がまさにそれで、ウィーンっ子の血となり、肉となって
いるように思う。

〜 SXL6040j.jpg
ボスコフスキー/シュトラウス:ウィーンの森の物語
英デッカ SXL6040

ウィーンっ子に愛されているボスコフスキーとウィーンpo.の
演奏がこの場合最も相応しい。

1932年に入団し、39〜79年までコンサートマスターを務め、何
といっても50年代中盤から79年まで「ニューイヤーコンサート」
の指揮を担当し、ウィーンpo.と深い関係で録音も多い。

シュトラウスの楽しい音楽に、指揮はどうの、演奏がどうのと
目くじらを立てるのはヤボというものだろう。

これは以前にも書いたけど、ウィーンでコンサートに行ったと
き、前に座った老夫婦の楽しそうな笑顔が忘れられない。

シュトラウスはDNAがウィーンっ子をウキウキさせる音楽な
のだから。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パパさんの日記はいつもレコードジャケットを見るのが楽しみの一つでもあります。
今日のシュトラウスのレタリングや舞踏会の様子など楽しい絵柄ですね。

本場は歌謡曲と同じ(子守唄かな)感覚でクラシック音楽が日常に溶け込んでいますからうらやましいです。
パパさんもおそらくまたヨーロッパに行きたいでしょうね。
Posted by くみこ at 2010年07月29日 12:42
くみこさん こんばんは

コメントありがとうございます。
今回のジャケットは”ヨハン・シュトラウス”という
ディズニー映画の一場面を使ったと裏面に記載
されていました。
どんな映画かは知らないのですが...
Posted by メタボパパ at 2010年07月29日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。