2010年06月13日

数少ない国内盤 〜 デュ・プレ/バレンボイム/プロコフィエフ:ピーターと狼

 
クラシックを好きになった頃は、ソフトのメインはレコードで
購入は近所のレコード屋さんでした。

当然のように国内盤しかなかったのですが、父親の勤務先が、
秋葉原の近くだったので、輸入盤を早い時期から購入するよう
になった。

フルトヴェングラーやオーマンディといった指揮者のレコード
も安くて音のいい輸入盤に買い換えてしまったので、ほとんど
が輸入盤になり、高い国内盤を購入することもなくなった。

国内盤のカタログでプロコフィエフの「ピーターと狼」のナレ
ーションをデュ・プレがやっているレコードがあると知り、曲
はよく知らなかったが、彼女の声を聴きたかったので、ジャケ
ットのデザインだけはしっかり脳裏に焼き付けた。

〜 28MG0019j.jpg
デュ・プレ/バレンボイム/プロコフィエフ:ピーターと狼
日グラモフォン MG0019

いつものように石丸電気の輸入レコードコーナーを端から端ま
で見ていると、とうとうこのレコードを見つけた。そのカタログ・
ナンバーは独グラモフォン(2531 388)で早速家で聴く
と、なんとおっさんの声。

 えっ? 何で?

はてなマークが一杯の中、ジャケットの裏を見ると、おっさん
の写真があり、ロリオ?とかいう名前だった。

 だれだ! こいつは!

よもや、同じ指揮で他の人がナレーションをすることがあると
はつゆ知らず、全く不要になった最初の一枚となった。

手に入れたのはしばらくしてからで、国内盤の中古品だった。
さらに時が過ぎ、カタログナンバー:2531 275の独グラ
モフォン盤ということを知ったが、もう購入意欲は消えていた。

ということで所有している数少ない国内盤の一枚となった。

この曲を若い頃に聴いたときは、デュ・プレの声を聴く以外に
なんの興味も湧かなかったが、子供を持ち、大したことはして
いないが、父親として過ごす人生を10年以上経ってから改めて
聴き返したら、自分の子供たちに本を読み聞かせているデュ・
プレの姿が浮かんできた。

その優しいまなざしと言葉に包まれながら、無邪気に遊ぶ子供
たち、そんな光景にレコードを聴きながら涙した。

久しぶりに感動に包まれた瞬間だった。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード紹介:N〜R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の所有盤(ドイツ盤)は、デュ・プレがナレーションを担当しています。2531275
Loriot(ロリオー)は、ドイツのユーモア作家で、わざとフランス風のペンネームにしたそうです。彼の作品を朗読したものが DGG から出ています。www.dg-literatur.de で Loriot で検索してみてください。
この「ピーターと狼」に Loriot のナレーション版があるとは知りませんでした。
ベーム/ウィーン・フィルの同タイトルにもナレーターの異なるものがあります。
2530587(ドイツ語圏向け?):Karlheinz Boehm(Karl Boehm の息子)
2530588(英語圏向け?):Hermione Gingold
私の所有盤は双方ともドイツ・プレスです。Prokofieff/Prokofiev、"Peter und der Wolf"/"Peter and the Wolf" と、言語に応じた表記がそれぞれなされています。
Posted by MINORISUKE at 2010年06月13日 08:00
おお、ロリオ・・・。

メタボパパさん、こんにちは。私も喜んで買った録音が勘違いだったとか・・・よくあります。まだクラシック聴きはじめの頃、ショパンの革命のエチュードを買いたくてなけなしの小遣いでショスタコーヴィチの5番を買ってしまった時には、はらはらと涙が出ました。今でも思い出すと・・・ううっ。
Posted by たこ at 2010年06月13日 12:05
MINORISUKEさん こんばんは

詳しいコメントありがとうございます。
本文にも書きましたが
ロリオー(2531 388)、
デュ・プレ (2531 275)
ということなのですね。
高校時代にまさかアフレコがあるとはつゆ知らず、坂本九、
黒柳徹子、栗原小巻等は競演しているんだ、すごいなぁって
本気で思っていました。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 23:26
たこさん こんばんは

コメントありがとうございます。
中高生の頃、1枚の重みは本当に大きかったので、このミスは
一生の不覚!と思いました。
今なら笑い話ですが、今でもハッキリと覚えているのですから
本当に一生の不覚!だったのかも知れませんね。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。