2010年06月12日

想いは募るばかり 〜 イ・ムジチ/ヴィヴァルディ:和声と創意への試み 作品8

 
ヴィヴァルディといえば、「四季」が有名で、クラシックに興味
のない人でも知っている名曲。

この「四季」は「和声と創意への試み 作品8」の協奏曲第1〜
4番にあたり、5〜12番は「四季」の影に隠れてあまり知ら
れていないように思う。

私自身、「四季」は早い段階で知っていたが、残りの8曲は大
分経ってから知った。

これ、CDでは2枚組になるが、レコードでは3枚組で割高に
なるが、それ以上にバラ売りが多いのでまとめて手に入らない。

この「和声と創意への試み 作品8」の中では7番が実は一番好
きなのだが、持っているレコードはファザーノ指揮のもので、
響きが硬質なのと実家に置きっぱなしなのがチト惜しい。

もっぱら楽しんでいるのはCDで、こちらはイタリア合奏団の
演奏だが、これはファザーノを意識したのではなくただの偶然。


「四季」といえば、このイ・ムジチのアーヨ盤が最も売れたと
思うが、とげとげしさの全くない優雅なところは美点だが、今
聴くと非常にのん気な演奏に聴こえる。

〜 835030AYj.jpg
アーヨ/イ・ムジチ:四季(和声と創意への試み 第1〜4番)
蘭フィリップス 835 030AY 

時代だな〜と思いながら聴き進むうちに、そのテンポに慣れて
くると、高弦の煌びやかな美しさにビックリした。高域が伸び
ている感じはしないが、弦の響きに艶があってまぶしく感じる。

そうこうするうちにどんどん惹き込まれてしまい、いいものを
タップリ聴けて満喫した。

こうなると気になるのが同じイ・ムジチで5〜8番はどうなの
か?ということ。

カタログ番号もジャケットも分かりませんが、ご存知の方情報
を下さい。

また、お持ちの方がいらしたら、是非譲って下さ〜い。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:04| Comment(19) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グッリ、リッチ、アーヨ等々、
あの時代のイタリアのヴァオ入りにストって良いですね。
キラキラと輝いています。
Posted by えにお at 2010年06月12日 08:47
イ・ムジチの「四季」はアーヨとミケルッチのLPを昔から聴いてました。

最近、また彼らの演奏が聴きたくなって国内盤中古LP(日本ビクタープレス、SFX-7507)を手に入れて聴いてます。

この当時のビクター(フィリップス)はLPに楽譜をつけていたようで、この盤も全曲楽譜がついています。今では考えられないですね。では。
Posted by りん at 2010年06月12日 13:13
はじめまして。手持ちの LP を調べてみました。
Philips 6747311 Vivaldi: 12 Concerti op.8 I Musici
オランダ盤3枚組、オリジナルではありません。これとは別に
Philips 6747395 Vivaldi: 25 Concerti I Musici
という5枚組も持っていますが、これには op.8 はなぜか一部しか入っていませんでした。
Posted by MINORISUKE at 2010年06月12日 18:07
参考になりました。
Posted by カズミ at 2010年06月12日 21:12
えにおさん こんばんは

コメントありがとうございます。
グッリは知らないのですが、リッチとアーヨは大好きです。
時代的には古いのかもしれませんが、いつまでも廃れない
何かを持っている気がします。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 00:55
りんさん こんばんは

コメントありがとうございます。
全曲楽譜ですか、すごい時代ですね。
手持ちのレコードは見開き6ページで断片的な楽譜が
載っていますが、楽譜を読めないので無用の長物に(涙)。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 01:03
MINORISUKEさん こんばんは

コメント並びに情報ありがとうございます。
再発盤では3枚セットで販売されていたのですね。
ところで、演奏は如何なのでしょう?まさか7番だけ酷いと
いう事はないと思うのですが...
これからもよろしくお願いします。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 01:08
カズミさん こんばんは

コメントありがとうございます。
少しでもご参考になれば何よりです。
これからもよろしくお願いします。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 01:15
再発盤で訳あり(15枚組中一部欠落)でもよければ、ご連絡ください。op.8 の 5 〜 12 はあります。PhileWeb Community および zigsow に同じペンネームで登録してあります。ブログはやっていません。
Posted by MINORISUKE at 2010年06月13日 07:42
こんにちは

ヴィヴァルディの四季は春、夏、秋、冬の4部構成だと今の今まで思っておりました。8番まであるとは...
言うなれば8部構成であるわけですよね。
5番以降はどんな曲なんでしょうか。
聴いてみたいです^^
Posted by kurt2 at 2010年06月13日 15:10
こんにちは。

アーヨ盤、のんびりしていますがやはりイイですよ。ヴァイオリンの甘い美しさといったらないですね。
他のイムジチの演奏ではシルブ盤がけっこう気に入っています。
Posted by ハルくん at 2010年06月13日 17:41
MINORISUKEさん こんばんは

色々お手数お掛けしました。
折角のお申し出なのですが、現在レコードを減らす目的で
10枚前後の1000円セットでオークションで出品している有様
なので、自粛します。
アナログ誌に書いているにも係わらず、PhileWebを見ていません。
後日見てみます。
Posted by メタボパパ at 2010年06月13日 23:15
kurt2さん こんばんは

コメントありがとうございます。
文章が悪くてすみません。
全部で12の協奏曲集で、1〜4番が有名な「四季」、9〜12番
(蘭フィリップス 835 110AY)も持っているのですが、大好きな
第7番を含む5〜8番のレコードを持っていなくて、このレコード
を探しているのです。
もちろん「四季」は素晴らしいのですが、5番以降もいいので
是非とも聴いて欲しいなぁって思います。
Posted by メタボパパ at 2010年06月14日 00:06
ハルくんさん こんばんは

コメントありがとうございます。
本当に甘美で艶のある美しい音ですよね。
シルブ盤というのは知りません。宜しければもう少し
詳しく教えていただけると有難いです。
Posted by メタボパパ at 2010年06月14日 00:24
シルブ盤は、イムジチの6度目の「四季」で、1995年の録音です。通奏低音にリュートが加えられていて独特の響きです。独奏ヴァイオリンのマリアーナ・シルブも端正でとっても美しいと思っています。
もう現役盤ではでていないのかもしれませんが、中古で手に入ると思いますよ。
Posted by ハルくん at 2010年06月15日 02:09
失礼しました、シルブ盤は現役盤ででていますね。UCCD50015(ユニバーサル)です。
Posted by ハルくん at 2010年06月15日 02:17
ハルくんさん こんばんは

コメントありがとうございます。
1995年録音ですか、どうも初期盤にうつつを抜かしていると
新しい録音には疎くて、浦島太郎の気分です。
もっと幅広く聴かないといけないとは思うのですが。
Posted by メタボパパ at 2010年06月15日 22:05
先日はコメントありがとうございます、というか、こちらにコメントするのが遅くなりましてすみませんm(__)m

ヴィヴァルディの作品8の7〜12、確かにマイナーですね〜(5、6は四季とのカップリングも多いので敢えて外しましたm(__)m)
いま、FMラジオを録音したなかにメタボパパさまイチオシの「作品8-7」を見つけたので聴いています。
意識して聴くのは初めてでしたが、面白い曲ですね。
個人的には第2楽章の少し哀しげなメロディーが好きです。


演奏者は誰かわからない(チェックし忘れたようです)のですが、たぶんイ・ムジチではないでしょう(笑)



Posted by ライト at 2010年06月16日 11:51
ライトさん こんばんは

コメントありがとうございます。
「四季」のように有名になってしまうと、なかなか他の
協奏曲のレコードが見つかりません。
バラ売りでも連続していれば見つけやすいのですけど、
バラバラだと余計に見つかりません。
Posted by メタボパパ at 2010年06月16日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。