2010年06月05日

オーディオマニア

 
最近レコードの話ばかりでオーディオの話をしていないなぁと
思い、少しばかり考えていたことを書いてみる。

もし皆さんが、

 あなたはオーディオマニアですか?

と誰かに聞かれたら、なんと答えますか?


私が聞かれたら、

 ハイ、そうです。

と答える。

というのも私の中でオーディオマニアの定義は単純で、

・いい曲、いい演奏を求めてソフトを買う人。
・オーディオ装置を使い、ソフト(レコード、CD等)に刻ま
 れた音が、”いい音”で鳴って欲しいと思う人。

その他いろいろあるが、これ、みーんなオーディオマニア。

こうなると音楽を聴く人でオーディオマニアじゃない人を探す
方が難しいでしょう。

何となく”マニア”という言葉には、軽蔑されたような、ある
いは偏執狂的なイメージがあり、そう呼ばれたくない気持ちも
分かる。

”こだわりを持つ”といえばカッコいいが、結局は何かに固執
する訳だし、興味のない人にレコードレーベルの説明をしても
所詮”オタク”とレッテルを貼られるのが関の山。

上記オーディオマニアの範疇外である”生演奏しか聴かない”
人が仮にいたとしても、いつ、どこで、誰々の演奏が良かった
とかは当たり前のように言うと思うし、オーディオに興味を示
さない演奏家だって、楽器にこだわりを持たない無神経な人は
いないと思う。

CDや配信は聴くけど、音はどーでもいいという人だって、指
揮者は誰々で、何年の録音がいいということは考えると思う。

何が言いたいのかというと、大なり小なり、意識無意識に係わ
らず、みんな同じ様なことをやっている同じ仲間。同じ穴の狢。
だから、たとえ高価なオーディオを持っていなくともみーんな
オーディオマニアなんです。

 私は違う。ただの音楽好きな常識人だ。

と仰る方も居られると思うが、私がケーブルに凝った時、部屋
を這っているケーブルを見た奥さんに

 この大蛇みたいなの何とかして! あんた、常識ないの!

と言われ、

 ケーブルに凝るのって常識じゃないのかな?

って当時は思ってたし、太ったと言いつつ、ダイエット食のほ
かに普通の食事を摂り、カロリー半分といって缶チューハイを
2本以上飲む奥さんに

 お前のどこに常識があるのか!

といつも心の中で叫んでいる。

話が横道にそれたが、何が常識で何が非常識なのかは案外あや
ふやなものだし、その判断基準は個人的嗜好による自分の主観
が大きい。

修理後.jpg

自分は常識と思っていても、他人からは非常識というのはよく
ある話で、自分の範疇からほんの少し違う嗜好を”非常識”と
か”マニア”なんて括りにして差別化したとしても実のところ
大差はないのです。

こんな風に思っている私が、今回のテーマについて考えたのは
英EMIのレーベル変遷(その2)の中で

 音楽を聴かずに音質の違いだけを聴いているのではないか?

と、ふと自分自身に疑問を持ち、整理(いい訳)するために少
し触れてみたくなったからで、何回かに分けて書いてみようと
思う。

つづく


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん
こんにちは!

生演奏主義の小生には道が違うとはいえ
メタボパパさんの心情もわかります。

今の小生のオーディオに対する姿勢は
殆どバランスが良く聴ければいいや程度の
追求だけですが、これも意外と難しいものですね。(爆!
ポチ応援完了。♪
Posted by のり2 at 2010年06月05日 13:36
こんばんは

オーディオに凝りたいのは山々なんですが、大音量で聴く場所がないのです。あと、お金もないですが...
昔、学生の頃、バイトで溜めた貯金を使ってかなりいいオーディオを揃えたことはありますが、今は、パソコンにパソコン用のアンプ内臓スピーカーを繋いで聴いてる程度です。
そんなので聴けるかと思われるかもしれませんが、ヘッドホンを使うとなかなかです。因みに、スピーカーはBOSEです。
Posted by kurt2 at 2010年06月05日 22:15
のり2さん こんばんは

コメントありがとうございます。
バランスを考えた時点ですでにオーディオマニアではないですか。
生演奏がいいとか、高音の広がりがいいとか、フルトヴェングラーが
いいとか、タンノイがいいとかいってもどれも一緒なんです。
ですから、薬師丸ひろ子ファンを宣言した時点で、こだわりを持つ
立派なオーディオマニアなのです(笑)。
Posted by メタボパパ at 2010年06月06日 00:34
kurt2さん こんばんは

コメントありがとうございます。
私は使っているオーディオ装置のグレードとオーディオマニア度は
別物だと思っています。そうじゃないとお金持ちしかオーディオマ
ニアになれないなんて悲しすぎます。
だからどんな装置であれ、集中してそこから美しい音楽を聴いて
いればもう立派なオーディオマニアなのだと思います。
Posted by メタボパパ at 2010年06月06日 00:55
おはようございます。

音楽とオーディオ・・・このテーマは尽きることがありませんね。最近は菅野沖彦氏の「レコード演奏家論」も出てきてますし。

私もアパート暮らしなので圧倒的大音量で楽しむ・・・というわけにはいきませんが、生活環境の制約の中で音楽とオーディオを楽しんでます。

最近はコンパクトオーディオ(CD・ラジオ・MD・アンプが一体となった、昔の「レシーバー・アンプ」ですね)で結構良いのが出てますし、PCオーディオも15年前に較べたらびっくりするくらい良くなってますしね。(昔のPCのサウンド・ボードはノイズでCPUの動作状況が分かるような代物でした・・・)

今は、考えようによっては、ピュア・オーディオもVAもPCオーディオもまとめて結構手軽に楽しめる時代と言えると思います。

30年程前の本ですが、長岡鉄男著「オーディオA級ライセンス」(共同通信社 1983年、1200円)に書かれている「音楽とオーディオ」についての氏独自の考えは目から鱗でした。

氏曰く「・・・音楽とオーディオ、どちらを優位に置くかという議論ぐらいくだらないものはない。音楽とオーディオは、現在では全く独立した存在であり、たまたま部分的に重なっているというだけにすぎない。オーディオとは無縁の音楽もあれば、音楽とは無縁のオーディオもあるし、生の音楽にはオーディオが逆立ちしてもかないっこない部分があるかと思えば、オーディオには生の音では到底聴くことのできない素晴らしいサウンドもあるのだ。・・・」

今でも充分使える本だと思いますので、お薦めしますよ。
Posted by りん at 2010年06月06日 09:02
りんさん こんばんは

コメントありがとうございます。

>音楽とオーディオは、現在では全く独立した存在であり、
→私もその魅力や楽しみ方は別物だと思います。

>たまたま部分的に重なっているというだけにすぎない。
→ここは少し異なる意見で、相互に影響を受けるものかと思います。全文を読んでいないので何とも言えませんが...

>生の音楽にはオーディオが逆立ちしてもかないっこない部分があるかと思えば、オーディオには生の音では到底聴くことのできない素晴らしいサウンドもあるのだ。
→ここはその通り!って感じです。

この本は文庫本になっていないのでしょうか?
Posted by メタボパパ at 2010年06月07日 01:30
今晩は。

残念ながら、初版の新書版以降で文庫化はされていないと思います。

中古を探すしかないかと・・・

あと、音楽之友社から出た「レコード漫談」「ディスク漫談」も面白いですよ。
Posted by りん at 2010年06月07日 23:39
りんさん こんばんは

色々と情報ありがとうございます。

中高生時代、こういった本を読むとその影響を強く受けそうな
気がして、手を出さないようにしていました。

すっかり不純なメタボオヤジになったので、今なら読んでも
いいかなって思いました。

逆に頭が固くなっているので「いいや、違う」なんて本に
ツッコミを入れそうですけど。
Posted by メタボパパ at 2010年06月08日 00:27
ご訪問ありがとうございました。
オートグラフにマッキントッシュ、懐かしいです。
最近は蓄音機がメインですが、
アナログレコードもとても楽しいです。
どうぞよろしくお願いします。
Posted by えにお at 2010年06月09日 06:27
えにおさん こんばんは

コメントありがとうございます。
蓄音機でも聴かれているんですか。凄いですね。
私はレコードまでで、怖くてSPには手を広げていません。
やっぱりアナログは楽しいですね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by メタボパパ at 2010年06月09日 18:46
蓄音機。オートグラフ一台分でとてもよいものが買えますよ。
レコードも初期盤をお求めになる方ならばさほどお値段に割高感もないでしょう。
とにかく音の生々しさと説得力は比類がありません。
ジージーバチバチなのに、ピアノの余韻の美しさに聞き惚れるって不思議だけれど事実です。
難点はレコードの置き場所。
何しろめちゃくちゃ場所をとります。そして重いのです。
でもSPレコード楽しいですよ。
一枚もの、小曲が多いので、わずか5分間でも凄く楽しい時間を持つことが出来ます。

Posted by えにお at 2010年06月09日 22:50
えにおさん おはようございます

コメントありがとうございます。
SPの音を聴いたことはないのですが、ダイレクトカッティングで
シンプルな再生と音が悪かろうハズがないと思います。
その世界に踏み込んだあとが怖いです。
Posted by メタボパパ at 2010年06月11日 04:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。