2010年06月04日

もしもジャケットが美しかったら 〜 セラフィン/ヴェルディ:椿姫


他の方のブログを見ていると、同じ曲を紹介されていることが
よくある。

ヴェルディの椿姫も色々なブログで見かけ、何人かの方々にコ
メントでこのレコードを紹介した。

1 ASD359-61j1.jpg
セラフィン/ヴェルディ:椿姫
英HMV ASD359−61

ロス・アンヘレスの声が大好きで、ビーチャムとのプッチーニ
ラ・ボエームやクリュイタンスとのフォーレ:レクィエム
以前紹介したが、本盤も温もりのある美しい歌声を聴かせてく
れる。

セラフィンの指揮だって素晴らしいのに、セラフィンの椿姫は
ステッラとのモノラル盤の方が評価が高い。というより、アン
ヘレス盤はいわゆる名曲名盤のランキングで採り上げられるこ
とがない。

演奏もいいし、録音もいい、おまけにWGの美しいレーベルな
のに評価されないのが不思議だし、個人的に本盤が最も好きな
だけに残念でならない。

このレコードで唯一イヤなのは上記ジャケット写真。どう贔屓
目に見てもこの写真はヴィオレッタのイメージを壊している。

ヴィオレッタは美貌に恵まれたが、ほんのひとときの幸せを得
ただけで、肺を病み亡くなってしまうのに、容姿については好
みの問題もあるけど、この写真じゃ脂肪肝から肝硬変になった
の?と思ってしまうではないか。

実はこのレコードは別デザインのジャケットがある。

1 ASD359-61j2.jpg
レコード番号(カタログナンバー)は上記と同じ

レーベルデザインも同じWGだが、レコードを見る限り、こち
らが後から出たデザインだと思う。最初のデザインで売り上げ
が思うように伸びず、EMI社内でも

 これはいくらなんでもないんじゃないか。

てな意見が出て、途中で変更に至ったのではないかと、勝手に
想像している。(ご存知の方、いらしたら教えてください)

そこまでは良かったが、変更したデザインもこれまた今ひとつ。

どうせ変えるならもっと思い切った魅力的なデザインにどうし
て出来なかったのだろう。

もっとも、クラシックのジャケットは概ねこんな感じなので、
本盤ばかりを責められませんが、もしデザインが美しかったら
もっと人気が出たんじゃないかと思ったりするのです。

演奏、録音は本当に素晴らしいのですから。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 00:03| Comment(3) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このジャケット、椿姫の初演イメージを再現したものではないでしょうか?(笑)
初演も悲劇のヒロインとは程遠いメタボ歌手だったそうですので。
この演奏未聴ですが、とても良さそうですね♪
Posted by golf130 at 2010年06月04日 07:04
この様なコメント!?は良く有りますね(笑)
肺病で死にそうなのに演じている俳優?は
叩いても死なないような!(^_-)-☆
Posted by altum at 2010年06月04日 19:49
golf130さん こんばんは

コメントありがとうございます。
初演の際はヒロインの見た目とのギャップに不評だったそうですね。実際オペラを見に行った方からすれば、目の前で演じられるのですから見た目も大事ですよね。
演じる方からすると声のほかに体型まで!ってことになるのでしょうけど。


altumさん こんばんは

コメントありがとうございます。
容姿も問題ですが、細かい話で、モーツァルトの魔笛でも夜の女王が歌いきったあとに、うれしさのあまりニコってするのも、気になるといえば気になっちゃいます。
DVDやブルーレイでアップにするのも考えものですね。
Posted by メタボパパ at 2010年06月05日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。