2010年06月03日

ボケるには早すぎ 〜 ホグウッド/バッハ:コーヒー・カンタータ

 
予想以上に入札していただき、完売できた前回のオークション。
第2段もすでに半分ほど入札されていて、レコード整理にご協
力頂いている。

第2段はカラヤンのモノラル時期の大好きなセットと、バルビ
ローリやプレヴィン、パールマンのASDのSCやスタンプ盤
のセット、チョン=キョン・ファ、デュトワ、シャイーのデッ
カとオーマンディの米コロムビアのセット、メータ、チョン、
バルビローリ、ハスキルのデッカ、マーキュリー、フィリップス
のセットで全て10枚以上で1,000円のお買い得品。

第1段の24枚セットを落札者された方から連絡があったのだが、
その言葉に我が目を疑った。

 23枚しかありませんでした。

これを読んで

 ヘッ!?

一瞬何を言われているのか分からなかった。

もしや梱包で入れ忘れたのかと思い、部屋へ見に行ったが何も
残っていない。とすると数え間違えたとしか考えられない。

小1の娘が足し算で、10以上になると

 お父さん、もう手が足りないよー。

とよく言うので

 足も使って数えたら。

と冗談で言っているのだが、20以上だからって手足を使って
も足りないから間違えたとはいい訳にもならない。

いくらなんでも20数枚を数え間違えるとは情けないし、40代
前半にしてボケてきたのかと狼狽した。

落札者の方に申し訳なかったので、欲しいレコードを挙げても
らい、こちらで持っていたら送ることにしたら、カークビーを
探してるということだったので、このレコードを候補にした。

1 417621-1j.jpg
ホグウッド/バッハ:コーヒーカンタータ
オワゾリール 417 621−1

これで針飛びでもしようもんなら、身も蓋もないので検聴する
と、日頃初期盤を聴いている私はノイズがあっても気にしなく
なっているが、本当にノイズの無いレコードを聴いて改めて驚
いてしまった。

50年代から80年代まで数多くのステレオレコードが作られ、ス
テレオ初期の魅力は失ったが、新たな魅力があるのも事実。

今回それを再確認した次第。

ホグウッドは最初”水上の音楽”で出会い、ターンテーブルの
回転がおかしくなったのかと思うほど衝撃的でヘンな音楽に息
苦しさを感じ、以来古楽器は敬遠気味だったが、ピノックあた
りから馴染むようになってきた。

今回久しぶりに聴いてみたら違和感を感じない。というより、
透明感のある声の美しさに聴き惚れてしまった。

慣れたのか、それとも歳とともに許容範囲が増えたからか。
 

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この盤CDで聴いておりますが、カークビーの声がとても素敵ですよね。
ホグウッドは古楽指揮者としては「穏健派」と認識しておりましたが、そうですか「水上の音楽」、衝撃的でしたか。未聴なので聴いてみたいですね。
Posted by golf130 at 2010年06月04日 07:12
golf130さん こんばんは

いつもコメントありがとうございます。
「水上の音楽」で始めて古楽器演奏に接したので驚きが大きかったのだと思います。
それまではサージェント、バウムガルトナーといった指揮者でしか聴いていなかったので”刷り込み”の影響も無視できないような...
Posted by メタボパパ at 2010年06月05日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。