2010年05月31日

オーマンディ・ファン 〜 オーマンディ/R=コルサコフ:シェエラザード

 
中学の頃からクラシック音楽とオーディオの世界にどっぷり浸
かっているが、最初に意識したのはフルトヴェングラーの指揮。

彼の指揮でベートーヴェン、シューベルトといった作曲家をよ
く聴いていた。

ジャズ好きな父のレコード棚にも何枚かのクラシックレコード
があって、その中のグリーグのペール・ギュントという曲名が
目につき、何となく表題のある音楽は聴いてみたくなるもので
ご多分に漏れず聴きたくなった。

<朝>のフルートのさわやかな音色が流れると、高原の澄んだ少
し冷ややかな空気を感じ、一発で魅了された。

そのレコードの指揮者がオーマンディ。

以来、フルトヴェングラーとオーマンディは私の中の二大指揮
者となり、レコードコレクションの最右翼に位置していた。
(所有枚数が数枚の話なので左からでも一緒だったけど)

初期盤の世界では英デッカのED1、英EMIのBS、WGは
ずば抜けて高価だが、米コロムビアはワルター以外は比較的安
価で、オーマンディは初期盤も再発盤も差がないほど安価。

人気ないのかなぁ〜と思っていたら、りんさんのコメントを頂
き、ブログやHP(リンクしてあります)を見てビックリ。情
報が多すぎてまだまだ読み切れないが、熱烈なオーマンディ・
ファンが大勢いらっしゃることを知りうれしくなった。

丁度オーマンディのレコードを紹介しようと思っていた矢先だ
ったので勇気をもらった気がした。

MS6365j2iB.jpg
オーマンディ/リムスキー=コルサコフ:シェエラザード
米コロムビア MS6365

発音が分からないが、Anshel Brusilowのヴァイオリンソロが、
何ともロマンティックで、艶やかに輝く音色が堪りません。

オーマンディの指揮もズンズン迫ってくるので、物語をそのま
ま体感しているような気分になる。

英デッカはアンセルメのED1、米RCAはモントゥーのSD、
英EMIはビーチャムのWGあたりが高価だが、最もターンテ
ーブルの上に乗るのはこのオーマンディ盤。

安価なので価格対満足度はダントツの1番。もしかしたらCD
よりも安く手に入るかも。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 01:25| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:N〜R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん
こんばんは!

コンマスのAnshel Brusilowさんの
このLPのソロ演奏を、かの五味康祐(ネではなくて示へんですが)さんが褒めていた記憶がありますが小生は残念ながら未だ聴いておりません。

今度、是非機会を持ちたいと思います。
今日のポチ完了です。♪

Posted by のり2 at 2010年06月01日 21:15
のり2さん こんばんは

いつもコメントありがとうございます。
五味さんが褒めていらしたとは知りませんでした。
このレコード(CD)がどの程度流通しているのかは
知りませんが、是非聴いてみてください。
Posted by メタボパパ at 2010年06月01日 22:23
おはようございます。

メタボパパさんも隠れ?オーマンディ・ファンだったのですね。嬉しいですね。

米Columbiaのオーマンディ/フィラデルフィアのLPは当時大量に売れていたのでしょうね。現在あまり顧みられていない・・・ということもありますが、初期盤LPでも手頃に入手出来るのは有り難いことです。

このシェエラザードは国内・輸入盤CDとも廉価盤で出てます。(まだ入手可能だと思いますが・・・)1985年にオリジナルの3チャンネルマスターテープから新たにミックス・ダウンした音源で、素直にディジタル化しているので音は良いですよ。(最近のCDは編集時にノイズを除去しすぎて生気のない音のものが多くて困りますが)

Anshel Brusilow(アンシェル=ブルシロウ)については、Ichikawa さんの Fantastic Philadelphians - First Chair - Anshel Brusilow が詳しいですよ。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~philorch/

wikipedia にも記載があります。

http://en.wikipedia.org/wiki/Anshel_Brusilow

wikipedia によれば、2008年にリタイアしたそうですが・・・
Posted by りん at 2010年06月02日 07:00
りんさん こんばんは

コメントありがとうございます。
さすが豊富な情報量ですね。
りんさんのおかげで薄っぺらなブログに厚みが出ます。
これからもよろしくお願いします。
Posted by メタボパパ at 2010年06月02日 20:08
メタボパパさん こんばんは
今日久々にこの盤を聴き、改めていいなあと思い検索をかけたらメタボパパさんのブログに行きつきました。

英デッカのアンセルメのED1、英EMIのビーチャムのWG、RCAのモントゥーのSD、マーキュリーのドラティを持っていますが、この盤の方が演奏も音も好きです。ちなみに、アメリカで1990年代に3$95セントで買いました。RCA、マーキュリーなどはその頃から高かったです。モントゥー盤は15$99セントでした。
コロンビア盤は、セル、ストラヴィンスキー自作自演盤などとても安かったので結構買いました。いい思い出です。
Posted by りす at 2011年06月03日 23:18
りすさん はじめまして

コメントありがとうございます。
このレコード、いいですよね。
お持ちのレコードが私のものとほとんど同じだったので、
趣味が似ているのかな?って勝手に妄想しちゃいました。
くだらない話が多いですが、たまには役に立つことを書こ
うと思っていますので今後とも宜しくお願いいたします。
Posted by メタボパパ at 2011年06月04日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。