2010年05月19日

米コロムビアのレーベル変遷(その1)

 
米コロムビアは1888年、ノース・アメリカン・フォノグラフ
の子会社コロムビア・フォノグラフとして創立され、1906年、
社名をコロムビア・グラフォフォンと改称。

ややこしいのはコロンビア系(米コロムビア、英コロンビア)
は「グラフォフォン」。グラモフォン系(英HMV、DGG)
は「グラモフォン」と蓄音機の名称も似ているし、EMIは
英コロンビアと英HMVの合併会社。

合併したり、提携したり、別れたりとレコード会社はドロドロ
した人間関係を見ているよう。

有名なニッパー君も、グラモフォンの登録商標なのに米RCA
と英HMVが使用し、DGGはイエローチューリップレーベル。
(LP時代の話です。)

今回の米コロムビアは6目とか、6eye(シックスアイ)と呼ば
れ、グレー地に、黒と白の三色の地味な組み合わせで美しさか
らは程遠い。


6iMS6008-M2S601.jpg
1、6目(MS6008:M2S−601)

MS6001〜6350までがこのレーベルといわれ、6349
までは確認している。

そのサウンドはしっとりとした濡れた弦が艶を伴ってさわやか
に広がり、澄んだ空気感がある。 響きが厚く、重厚感がある
のに、重く引きずる感じがしない。

中には、弦の音色がやや乾いた感じのレコードもあって、6目
全てが両手を広げて賞賛できる訳ではない点は注意が必要。

M2Sとは2枚組のレコードにつけられる別ナンバーで、これ
はこれで通し番号が付く。(3枚組はM3S)


同じデザインで12時の位置にある矢印の中にCBSと入ってい
るものがある。

6i MS6219-6i.jpg
2.6目CBS(MS6219)

1961〜62年に使われたようで、初期のスタンパーで、CBSの
入っているものを見たことがない。だから本盤も2ndレーベ
ルになると思う。しかし、あまりCBSロゴの有無が気にされ
ている感じはない。

この放送局のCBSはもともと米コロムビアが1927年に設立し
たものだが、1938年にその子会社に買収され、米コロムビアは
CBSの傘下に入る。

だから1948年のLP発売時点ですでにCBSの傘下にいたので、
如何なる理由で”CBS入り”が出来たのかは詳細不明。
(詳細をご存知の方、コメントをお願いします)


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レーベル 米COLUMBIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150334820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。