2010年05月08日

何気なく過ぎた日 〜 カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー

 
5月5日はこどもの日、息子が主役なハズだったが、こっち
は連日の疲れが溜まり、子供たちは遊びのツケで宿題が溜ま
りで特に何をするわけでもなく、1日が終わった。

こどもの日に親として子供の健康を願うのは当然として、私
の息子は食物アレルギーなので乳や卵を食べられず、食事や
お菓子などにも気を遣うし、学校給食もNGで毎日学校にお
弁当を持って行っている。

花粉、動物の毛、ハウスダスト、自分の汗でも痒がり、暑く
なってくると、毎晩

 かゆーい、掻いてー! 眠れなーい!

コールを聞くことになる。息子が小さい頃は、少しグズると
無意識に掻くようになっていて、一度寝ぼけて、奥さんを掻
いてしまい、笑われたことも今となっては楽しい思い出。

この息子の将来の夢が大工さん。

 大工になったら、お父さんのオーディオの部屋を作って
 大きな音で聴いてもお母さんに怒られないようにしてあ
 げる。

と思わず涙ぐんでしまいそうになるが、

 大人になったらバイトしてレコードを買ってあげる。

とも言っており、信じたいが若干不安も残る。


さて、そんな息子が同じ趣味を持つことを密かに期待しなが
らレコードを一緒に聴いていた5月5日、

 おっ、これカッコいいじゃん!

と反応したのがこの曲。

SAN292j.jpg
カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー
英EMI SAN292−5(SLS957)

カラヤンの指揮は活気があり、颯爽としてスマートでありな
がら、華やかさと豊かさも兼ね備え、一言で”カッコいい”
演奏。

録音もクリストファー・パーカーが参加しているからか、適
度な奥行き感を伴いながらワイドに広がり、高い天井が分か
るほど残響豊かに上方向に十分伸び、一音一音がカラフルに
彩られている。

51年のバイロイト録音の演奏もいいけど、総合的には70年の
こちらに軍配を上げる。 

kabuto1.jpg
今年もB&Wマトリックス801Vとともに、ハイ、ポーズ

同じ趣味を持ってくれるか否かはともかく、元気で豊かな心
を持ってくれるなら、オツムが多少弱くても十分満足なのだ
けど。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:16| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:W〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねえ。

息子さんとクラシックですか。
いい子に育つと思いますよ。

私なんか、クラシックのクの字も知らなかったですからね、
子供のころは(笑)
暗くなるまで外で遊んでた。
Posted by 四季歩 at 2010年05月08日 00:46
四季歩さん こんばんは

早速のコメントありがとうございます。

私も同じで子供の頃は外で暗くなるまで遊んでいました。泥だらけで帰るので、玄関で服を脱がされ、雑巾で拭いてからお風呂場に直行していました。
Posted by メタボパパ at 2010年05月08日 01:49
おはようございます
 
息子さんはきっと大工さんになって、立派な
オーディオルームを建ててくれますよ^^

うちの下の娘がアトピーで皮膚科通いをしていました。痒くてかきむしるから、かわいそうなくらい皮膚がボロボロでしたが1年ほど前からよくなってきてるんです。どうやらストレスが原因だったようで...叱りすぎたのかな(汗)
Posted by イルマーレ at 2010年05月08日 04:22
イルマーレさん こんにちは

コメントありがとうございます。
>息子さんはきっと大工さんになって、立派な
 オーディオルームを建ててくれますよ^^
→そうなってくれればうれしいのですけど。
 幼稚園の頃はクジラになりたいといっていたので若干成長した
 ようですが...
Posted by メタボパパ at 2010年05月08日 10:54
メタボパパさま、こんばんは。

私の拙ブログにご訪問をいただきまして本当にありがとうございました。
GWのお子様方、ご家族の日々を拝読しておりました。
疲れても家族の笑顔には代えがたいものがあることでしょうね。
お子様方もこれからますますご成長が楽しみですね。

カラヤンの「マイスタージンガー」、すっかり忘れておりました。
LP時代にワーグナー序曲集をカラヤンで聴き、一番心に響きましたのが「マイスタージンガー」で、全曲盤をやはりカラヤンで入手したものでした。
ベートーヴェンだけではなくワーグナーの世界の扉を開いてくれたのもカラヤンでした。
カラヤンは恩人の指揮者だったようです。
「マイスタージンガー」、カラヤンが一番のお気に入りです。CDで買い直しをしたくなりました。LPですと5枚組でしたので、ディスク交換をする都度、感動に「待った」がかかるようで…。

メタボパパさまは、こちらのB&Wをマッキントッシュで!
タンノイのオートグラフでも音楽を楽しまれていらっしゃるようですね。
マッキントッシュ…憧れです!数年前に東京国際フォーラムでのオーディオ・ショウでは、せめて一目でもと。
オートグラフも。夢のまた、夢です。
素晴らしい世界でしょうね。(*^_^*)
Posted by lumino at 2010年05月08日 19:48
luminoさん こんばんは

コメントありがとうございます。
根っからのワグネリアンの方からすると、カラヤンの指揮がどう思われているのか分かりませんが、カラヤン好きのワーグナーチョイ聴きオヤジからすると「イイじゃん」て思います。

>ディスク交換をする都度、感動に「待った」がかかるようで
→レコードがCDに劣るポイントの一つですね。でも、落ち着きのない人間からすると結構30分間座っていると我慢できなくなるので案外メリットかも。

これからもよろしくお願いします。
Posted by メタボパパ at 2010年05月08日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。