2010年05月04日

家族サービス 〜ワルター/シューベルト:交響曲第8番<未完成>


いくら世間でGWだからといって、レコードを聴いている親
を持つ子供にとってはただ単に長い休みが続いているだけに
なっている。

こんなデブ症(出不精)なメタボパパに任せてはおけないと
思った奥さんは、一人で遊びを計画し、運転手兼カメラマン
を私に押し付け、昨日、今日と二日間近場に遊びにいった。

まずはフィッシングセンター。

朝からおにぎりを作り、せっせと出発の準備をする奥さんに、
わくわくしている子供たち。すでにいっぱい釣ってやる!と
鼻息も荒く、釣り方の練習をしている。

いざ着いてみると、人もまばらで、あれれ?って感じだった
のですが、おかげでのんびりとマスつりを楽しめた。

スタート.jpg
スタート時は人もまばら。

うれしそうな顔.jpg
最初に釣ったのは末娘。うれしそうな顔。

釣らせて何ボのこのシステム、5匹くらい釣った時点で終わ
りにしようとしていたのに、末娘ばかりが最初に4匹釣って
しまい、結局、上の二人が釣るのを待っているうちに10数匹
になってしまった。

ドンダケ釣った.jpg
料金も6千円くらいになり、どんだけ〜!って感じです。

おいしい.jpg
この食いっぷり、完食です。

混雑.jpg
帰る頃にはすっかり混雑してきたので早めの行動が功を奏し
たようです。

そのフィッシングセンターのすぐそばに出流原弁天池湧水が
あったのでそこに行くと、底の奥底まで見通せるあまりにも
澄み切った水の美しさに危うさと恐怖心を覚えるほど。

弁天池.jpg
出流原弁天池(澄んだ美しさを撮れませんでした)

その景色を見ているうちに、シューベルトの未完成交響曲の
調べが流れ出した。

マス釣りに行ったのだから、ピアノ五重奏曲<ます>の方が
良かったのかも知れませんが、ヒネリがなさすぎですもんね。

1 MS6218j.jpg
ワルター/シューベルト:交響曲第8番<未完成>
米コロムビア MS6218

中学生の頃、「名曲アルバム」を聴いて好きになり、初めて
自分で買ったレコードがフルトヴェングラー盤だったことは
以前ブログで書いたが、この曲、知れば知るほど怖く、不安
を覚えるようになった。

第一楽章は暗い冒頭ではじまり、終始低弦がボン、ボンと、
ティンパニがドロロロンと怪しい雰囲気が漂い、不安を駆り
立てるように全体を支配する。

それだけに高弦の美しさが際立つのだが、美しく明るいのに
どこかに不安要素があって、胸騒ぎがする。

対する第二楽章は対照的でチェロのピチカートも明るく、時
々不安な感じが顔を出すが、最終的には”平和”を意識する。
しかし、実は自分自身は「魔王」の少年と同じように、すで
に死を迎えている気がする。

だからこの曲は”死への音楽”なのだと思っている。

所詮、素人の戯言なのですが...


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 01:16| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メタボパパさん
こんにちは!

家族サービスお疲れ様です。

シューベルト「未完成」暫らく聴いてないです。

応援クリックして帰ります。♪
Posted by のり2 at 2010年05月04日 12:40
こんばんは

ニジマスが美味そうに焼けてますね^^

シューベルトの「未完成」は許光俊さんの書いた「クラシックを聴け」を読んで、確かに、空恐ろしい曲だと認識しました。
でも、凄く美しい曲でもあるとも思います。
Posted by kurt2 at 2010年05月04日 21:24
メタボパパさん、こんにちは。

未完成交響曲といえば、前に岩城宏之さんの著作かなにかで、この曲のティンパニに付されたデクレシェンドについて、シューベルトはアクセント「>」を長めに書くクセがあったので、これはアクセントじゃないかとおっしゃってたのを思い出しました。「死への音楽」というの、とても共感しました。


鱒、美味しそうですね( ̄¬ ̄*)
Posted by たこ at 2010年05月04日 21:28
のり2さんへ

コメント&クリックありがとうございます。
しばらくぶりに聴くと、今までの認識とはまた違った側面が見えることがありますよね。
だから音楽って素晴らしいのかなって思うことがよくあります。



kurt2さんへ

コメントありがとうございます。
ごめんなさい。kurt2さんがご紹介された「クラシックを聴け」の本、まだ読んでないのです。
仰る通り、凄く美しい曲ですよね。
許さんの恩師でもある故川村氏も、第九番ですが、天上をかけるシューベルトと絶賛され、本盤もまさに天上をかける美しさです。



たこさんへ

コメントありがとうございます。
共感して頂けてうれしくなります。
また、このように補足して頂けるとこっちまで知識が身に付いた気分になっちゃいます。
もっとも私の場合、体型以外は薄っぺらなんですけど。
Posted by メタボパパ at 2010年05月05日 02:24
お子さん達、実に楽しそうですね。私も釣り好きでニジマスも子供を連れて釣りに行ったことがあります。
弁天池、写真でみる限りでも相当美しいことが予想できます。
美しすぎる対象に「危険」を覚えますから、シューベルトの作品にはその香りを覚えて、つい敬遠してしまっています。
Posted by 白髪ばっは at 2010年05月05日 12:34
白髪ばっはさんへ

コメントありがとうございます。
シューベルト音楽を「美しき危険な香り」って素敵な表現ですね。
きっとパクっちゃうと思うので、笑ってお許しを!
Posted by メタボパパ at 2010年05月05日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。