2010年04月30日

英EMIのレーベル変遷(その8)


今回で英EMIのレーベル変遷も一先ず終了。

他にもSTUDIO TWOとかSCX、CSD、SEOM等もあるのですが、
精力的に集めていないので情報不足の感があり、もう少し
調べてからにしたいと思います。

今回はエンジェルシリーズのSANレーベルについて。

1960年代の初め、英EMIはオペラや、声楽といった部門
に特化したSANレーベルを新たに作った。

このレーベルについて聴き込みが少ないのか、オペラにつ
いては私自身の耳がまだまだなのか、どれをとってもいい
音で、細かいことにあまり気にならない。

GW(ゴールドホワイト)とかホワイトエンジェルと呼ば
れるレーベルから始まる。

SAN101.jpg
1.GW:SAN101

SAN101〜203辺りがこのデザイン。

以前、kaorin27さんがナンバーの書体について書かれてい
たけど、その記事を読んで、初めて若干のデザイン変更が
あることに気づいたくらいで、何も知らずに気にもせず聴
いていた。

私如きでは、音の違いは判別できない。こういうときは気
にしないことにしている。


次に、天使が白から黒に変わったのでブラックエンジェル
とか、金地にスタンプなのでゴールドスタンプと呼ばれる
レーベルで、デザインは変われど、音質的に差がないよう
に思っている。

SAN244.jpg
2.ゴールドスタンプ:SAN244

SAN204〜290辺りが本レーベル。

数枚しか持っていないので何ともいえないのが正直な話。


そして最後が、同じブラックエンジェルなのだが、金から
黄色に変わっているので、イエロースタンプと呼ばれてい
る。

SAN292.jpg
3.イエロースタンプ:SAN292

SAN290辺りからがこのレーベル。

このレコードもいい音なのだが、この時期のカラヤン盤は
ドイツ録音が多く、どっちのレコードがオリジナルとして
相応しいのか迷うところ。

Boxも独エレクトローラ盤のほうが布張りで高級感があ
るし、サウンドも豊かな気がするのだが...

一方、ムーティのヴェルディ:アイーダなどは70年代EMI
を代表するかのような優秀録音で、自分の中でも評価が定
まっていない。

念のために付け加えるとすると、やはりEMIの一般的な
評価のように再発盤での音質劣化は顕著なので、初期レー
ベルを(高くても)購入することをお薦めする。

何よりも怖いのは、音が悪いことで演奏家の評価までねじ
曲げかねないこと。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | レーベル EMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにホワイトエンジェルとブラックエンジェルでは、普通では余り音の差は無い様です。イエローになるとだいぶ違ってきますね。

しかし、是非、実家のオートグラフをステレオでしっかりと調整をしてならしてみてください。

ブルーシルバーとASDの音の差がどこにあるか如実に表れてきますし、二版以降の音の差もはっきり聴こえると思います。
Posted by GRFの部屋 at 2010年10月06日 01:27
GRFの部屋さん こんばんは

コメントありがとうございます。
SAXとASDは低音が大きく異なると思うので
その辺りがオートグラフで明確になるかも知れま
せんね。それとももっと違う空気感があるのかな?
Posted by メタボパパ at 2010年10月06日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148233423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。