2010年04月24日

英EMIのレーベル変遷(その2)

 
前回に続き英コロムビアのレーベル変遷。

SAX2540以降、SC(セミサークル)、ハーフムーン、
半円赤とも呼ばれている。昨日も書いたが2526、2532
もこのレーベル。

3SAX5281.jpg
3.SC(SAX5281)

レーベルデザインが大きく変わり、寂しいものがあるが、音質
は実に豊かで魅力的。

BS盤よりは透明な空間への広がり感はやや後退するが、その
分重量感が増して、厚みのある音になっている。と言葉に書く
と差が大きいように感じるが、気にするほどではない。

BSの再発でもこのレーベルなら十分満足できると思っている
くらいなので、どうしても欲しいもの以外の、ちょっと聴きた
いものならこのレーベルで済ましている。


次に音符スタンプと呼ばれているこのレーベル。

4SAX2389L.jpg
4.SAX2389

このレーベルは再発盤しか持っていないのだが、本レーベルの
初版はあるのでしょうか?

再発盤の音質しか知らないが、このレーベルはBS盤の素晴ら
しさを認識させるために作ったのか? と思うほど音質が劣り、
”EMIは再発のたびに痩せた音になってくる。”という評価
はこのレーベルを聴けば納得してしまう。

音質が悪いだけならまだしも、音質が悪いと、演奏まで熱気が
なくなり、作品の印象を変えてしまうので困ってしまう。


国内盤から海外盤に、海外盤でも初期盤に進んでいくと、その
音質の素晴らしさに感動し、後戻り出来なくなる。

ここまではいいのだが、国内盤で演奏を気に入って愛聴盤にし
たはずなのに、初期盤を知ってから国内盤を聴くと、演奏まで
血の気や肉感的な膨らみがなくなり、聴けなくなるというのは
考えようによっては不思議な話。

何しろ演奏そのものは変わっていないのだから。

 本当に演奏を、音楽を聴いているのか?
 音質しか聴いていないのではないか?

と自問自答したものの「そうだ!」とも「いや、違う!」とも
キッパリと答えられない。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:01| Comment(5) | TrackBack(0) | レーベル EMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SAX2389はカラヤンの名盤ですね。ブルーシルバーがあります。良い音です。
Posted by GRFの部屋 at 2010年10月05日 18:32
GRFの部屋さん こんばんは

コメントありがとうございます。
SAX2389のBS盤と比較するとこのスタンプ盤
の音は寂しい限りです。
質問なのですが、このスタンプ・レーベルでオリジナル
というのはあるのでしょうか?
もし、あるのならSAXの何番から何番がオリジナル
なのか教えていただけたら有難いです。

あともう一点、私のブログからリンクを貼らせて
下さい。(読まれる頃には貼っちゃっていると思
いますが...)

Posted by メタボパパ at 2010年10月06日 00:15
SAXシリーズのスタンプは、私の知る限り二版だと思います。

SAXシリーズは、2589から5251番へ飛びます。1965年頃です。その5000番台も5294番で終わり、以降はASDシリーズに移行します。

その最後の頃の5286番以降はCOLUMBIAのロゴが無くなりEMIのロゴに変ります。それでもラベルははSemi Circle(S/C)です。

1967年頃以降に出る2版以降が、このポステージスタンプになっている様です。初期の頃のポステージスタンプはS/Cとそれほど変らないと思います。ブルーシルバーとは大分差がありますが。それはS/Cでも同じですね。
Posted by GRFの部屋 at 2010年10月06日 16:29
>何しろ演奏そのものは変わっていないのだから。
 本当に演奏を、音楽を聴いているのか?
 音質しか聴いていないのではないか?

ごもっともです。でも明らかに違いますね。
我が家でマーラーの二番を聴いた人達は、詐欺ではないかとさえ言っています(笑)

でも、オープンリールの音はその上を行っています。
況んやマスターテープの音は!!!

レコードを作る過程で、何か大事なものが、生きるエネルギーみたいなモノが薄れて行く様な気がします。

それを再現するのが、AUTOGRAPHやGRFだと思っています。
Posted by GRFの部屋 at 2010年10月06日 16:36
GRFの部屋さん こんばんは

コメントありがとうございます。
また、過去の記事を熱心に読んでくださり恐縮です。
貴重な情報をありがとうございます。
特に、
>5286番以降はCOLUMBIAのロゴが無くなり
 EMIのロゴに変ります。それでもラベルは
 Semi Circle(S/C)です。
は知りませんでした。
まだまだ勉強不足でした。これからも色々教えて
下さい。
Posted by メタボパパ at 2010年10月06日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。