2010年04月22日

英DECCAの珍しいレーベル 〜アンセルメ/フォーレ:ペレアスとメリザンド

 
まずは、よーく写真をご覧になっていただきたい。

SXL2303-1.jpg

何か気づきましたか?


このレーベルはED1なのでしょうか? それともED3?

”ORIGINAL 〜”で始まっているので、ED1なのですが、
このレコードには溝がない。

溝のないレーベルはED3か4。WBなのでED3という
ことになるのですが、その場合は”MADE IN 〜”になる。

こういうレコードはこれしか持っていないので、あくまで
推測ですが、ED1のレーベルを大量に作ってしまい、そ
の後、ED3の時期までED1のレーベルが在庫として残
っていたため、ED3でもそのまま使いこのようなレコー
ドが出来た。だから本盤のED2は存在しない。

もし、ED2をお持ちの方がいたら、

 持っとるでー!

とコメントをお願いします。

このレコードは最近ネットオークションで見つけたのです
が、珍しさだけで入札した訳ではなく、以前から欲しかっ
たのですが、めぐり合わせが悪く、なかなかゲット出来な
かった一枚。

フォーレの組曲「ペレアスとメリザンド」は同名戯曲の劇
音楽として作曲され、好評だったため、のちに3曲を組曲
とし、後に「シシリエンヌ」を加え全4曲とした。

この「シシリエンヌ」をはじめて聴いたとき、フルートの
音色が心の中に染み渡っていく感覚を覚えた。

特にアンセルメ盤は豊かで厚く美しい響きの中からフルー
トがスッと入り込んでくるので、CDの頃から何度も聴い
ているがいつも聴き惚れてしまう。

SXL2303j-1.jpg
アンセルメ/フォーレ:ペレアスとメリザンド
英DECCA SXL2303

ED1がオリジナルなのにED3でもいいのかというと、
いいわけではないが、デッカはEMIほど再発の劣化は大
きくなく、実際に十分魅力的な音質なので、そんなには気
にしておらず、何れED1が手元に来るのをのんびりと待
つつもり。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | レーベル DECCA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たろうと言います。よろしくお願いします。
英DECCAのEC2の件での情報です。
現在私はDECCA盤の2000番と6000番
を150枚ばかり所有しています。
その中に、取り上げておられるEC2盤風なLPが20枚ばかりあります。
私もこれなんだろうと調べたことがありますが、
結局、これはDECCA制作盤ではなく、ドイツの複製会社が作ったイミテーションオリジナル盤ではないかというところに行き着きました。現在はそのような扱いをしています。
ところが、この複製盤は以外と音が良いんです。おそらく本物のオリジナル盤の音もかなわないかもしれません。
それと、私はLP専門で収集してきましたが、
現在オリジナル盤主体の輸入盤で合計8,000枚程度所有しています。
2年ほどブログを放置していましたが、少しずつ紹介し始めましたので、お暇な時にごらんになってください。
フランスの「シャルラン」ご存じかと思いますが、2,30枚持っています。特に太文字のオリジナル盤もありますが、その希少盤の1枚をブログに乗せています。



Posted by たろう at 2015年01月26日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。