2010年04月12日

花から花へ 〜 フランソワ/クリュイタンス/ラヴェル:ピアノ協奏曲

 
1931年、ラヴェルは二つのピアノ協奏曲を書いている。

左手のための協奏曲の作曲依頼を受け、ピアノ協奏曲ト長調も
ほぼ同時平行して作曲したという。

左手の...はジャズ的、ト長調はモーツァルトとサン=サーンス
風(作曲家自身も言っている)と言われている。

評論家の書かれている通りだと思うのですが、私はこの二曲は
ボレロの特徴がいい塩梅で二つに分かれて出来た、ラヴェルら
しい曲ではないかと思っている。

ラヴェルのボレロはリズムと主題が繰り返され、音色と音量が
変化していく曲で、そこから美しい旋律が生みだされているか
らこそ名曲だが、一歩間違えば(というよりバレエの通りに)
発狂して死に至る曲だと思う。

このボレロの内、左手の...はリズム寄り、ト長調は音階寄り
に別れ、それぞれ新たな旋律を生み出したのがピアノ協奏曲な
のではないかと素人ながら考えている。

SAXF136j.jpg  SAXF136.jpg
フランソワ/クリュイタンス/ラヴェル:ピアノ協奏曲
仏コロムビア SAXF136

フランソワのピアノの音色は何故か甘い蜜の味がする。

そしてこの二曲をフランソワの演奏で聴いていると、ボレロか
ら分かれ、それぞれ別の美しい花を咲かせた花畑の中を自由自
在に花から花へと飛び回るチョウの光景がいつもイメージとし
て出てくる。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


   
posted by メタボパパ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:N〜R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。