2010年03月30日

日光小旅行 〜 プレヴィン/ホルスト:惑星

 
昨日、子供たちがスキー教室で不在のため、夫婦二人っきり
で日光の東照宮へ行ったことを書いたが、小雪舞う中、情緒
があってとてもよかった。

B 058.jpg
日光 東照宮 陽明門

日光は小学校の宿泊学習以来かと思っていたが、結婚してか
ら来ていたことが、今回の小旅行で判明した。

その頃、ホルスト:惑星の中のジュピターをカバーした曲が
流行っていて、奥さんはジュピターの作曲家をモーツァルト
だと勘違いして、メロディを口ずさみながら、

 ほらモーツァルトのジュピターだよ。知らない?

と説明したため、こっちは全く理解できず、

 モーツァルトのジュピターにそんなメロディはない!

となって、お互い譲らず、東照宮内で喧嘩になったらしい。

喧嘩したまま、東照宮の隣にある二荒山神社に行くと、この
神社は縁結び、夫婦円満の神様を祀っているらしく、杉の木
に、楢の木が接ぎ木したような状態の木(縁結びのご神木)
があって、

 杉、楢 → スギ、ナラ → 好きなら

っていう強引なダジャレに二人して笑ってしまい、おかげで
仲直りしたそうで、

 この木がなかったら、二人の関係も終わっていたかも。

と奥さんが言っていた。

B 081.jpg
縁結びのご神木

この木に感謝すべきか、恨むべきかは悩むところだが、三人
の子供に恵まれ、何だかんだ言っても、楽しく過ごしている
のだから、良かったと思うほうが正しいのだろう。

すると喧嘩の原因になったジュピターは微妙な立場になるし、
今後の夫婦生活の中でもっと心に残る瞬間があるかも知れな
いが、今のところ奥さんをイメージする曲として認定する。

まっ、こんなことを宣言しても、他人には何の係わりもない
のですけど、誰にも迷惑はかからないということで。

ASD3002j.jpg
プレヴィン/ホルスト:惑星
英EMI ASD 3002

この曲は優秀録音が多く、同曲異演の所有枚数も多いので、
他の演奏を挙げてもよかったのだが、このプレヴィン盤も、
ビショップ&パーカーの70年代のEMIを代表する好録音で、
特に重低音の広がりは一聴する価値があると思います。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

  
posted by メタボパパ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:E〜I | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。