2010年03月25日

記憶にないレコード〜チョン・キョン=ファ/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲

 
先日のレコード整理で同じレコードが何枚か出てきた。

それがこのレコード

SXL6573j.jpg  SXL6573.jpg
チョン・キョン=ファ/ケンペ/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲
第1番  英デッカ SXL6573

ブルッフは3曲のヴァイオリン協奏曲を発表しているそうだが、
私が知っているのはこの第1番のみ。

甘美な旋律とエネルギッシュなこの曲は名演が多いが、ケンペ
の磐石なサポートの下、チョン・キョン=ファの気迫の溢れる
演奏の旧録が一番好きだ。

英デッカは70年代になってもきわめて高水準のレコードを製作し
ナローバンドでもワイドバンドと同様に音がいい。

ナローバンドの中には英プレスと蘭プレスがあり、ナローバンド
の後半から蘭プレスになるのだが、何番から蘭プレスになるのか
を知らない。

英プレスと蘭プレス(再発盤)の音を比べて、音が同じなら気に
ならないのだが、中域のふくよかさが違い、弦の美しさが異なる
ので、ここも何番から変わるのか知りたいところ。

さて、チョン・キョン=ファ/ケンペ/ブルッフ:ヴァイオリン
協奏曲第1番も英プレスと蘭プレスがあり、この音質を比較する
ために購入したのは覚えていて、一軍には英プレスの1枚しか置
いていないので、三軍に蘭プレスがあるのは分かるが、他にも英
プレスがあったのは意外だった。

購入した記憶もない。きっと英プレスの中でも音が違うのでは?
と思い英プレスの聴き比べをし、英プレス内では音の差が分から
なかったのでそのままレコード棚にしまったのだと思う。

これではとても愛聴盤とは呼べませんよね。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

  
posted by メタボパパ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。