2010年03月23日

不調に終わったタンノイオートグラフ

 
今回のオートグラフのひとときは不調に終わった。

ここしばらく好調だったのに、急に音量が小さくなったり、音
が途切れたりと音質以前の問題だった。

タンノイオートグラフが我が家に来てからすでに20年以上にな
り、いまだに惹かれ続けている。

 もっと強い音を! 

と、たまに思うこともあるが、結局は

 まっいいか! 

と、なってしまう。

タンノイオートグラフがオートグラフと呼ばれる所以は、オー
トグラフのネームプレートにガイ.R.ファウンテンと署名が刻
まれているからで、まさに故人の逸品といえよう。

AU4.jpg
タンノイオートグラフのネームプレート

ゴールドに輝くプレートがよくぞここまで黒ずんだと思うし、
それだけに長い歴史を感じる。

私自身、大好きなスピーカーだが、世評は実力以上に過大評価
されている感があり、オリジナル箱で700万とも言われると、と
ても払えないし、払う気にもならない。

よくよく考えると、今、自分の欲しいオーディオ装置って、聞
かれたらすぐに出てこない。(リンのグレードアップは別とし
て、新規に買うとしたら)

高価なオーディオ装置はとても買えないけども、

 何が何でも買いたい!

という本気にさせる何かが欠けているような気がする。

昔だってお金は持っていなかったが、欲しいものはいっぱいあ
ったし、今でも欲しいレコードはまだまだ沢山ある。

オーディオに関して自分の情熱が薄れているのだろうか?


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

  
posted by メタボパパ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。