2010年01月19日

レコードジャケットの補修方法

せっかく買ったレコードなのに、ジャケットからレコードを取り出
そうとしたら、口がパックリ開いていることありますよね。

1jake.jpg
口の開いたレコード

裂けたり、底抜けには対応出来ないが、のりが剥がれて口が開いて
いるレコードジャケットなら、お薦めの補修方法があります。

−作業方法−

1:まず、両面テープを用意する。
  幅は10〜15mmくらいで、厚みは薄い方がいい。
2jake.jpg

2:口の開いたジャケットを広げる。
3jake.jpg

3:両面テープを剥がれた部分に貼る。
4jake.jpg
注1 レコード取り出し口のギリギリになるように
注2 ジャケの折り返しからはみ出さないように
(内側にはみ出すとインナースリーブに付いちゃいますから)

4:両面テープを剥がしながら、ジャケットを貼り付ける。
5jake.jpg

5:レコード取り出し口付近にきたら両面テープを全て剥がす。
6jake.jpg

6:ジャケットを上から押さえつけて貼り付ける。
7jake.jpg

7:これで、出来上がり! 口を開いても大丈夫。
8jake.jpg

ねっ、簡単でしょう。

数年前から、この方法で何枚か補修していますが、その後も問題
なく使用していますので、結構耐久性もあるようです。
  
何しろレコードの出し入れがやりやすいのが最大のメリット。

レコードとジャケットを別々に収納しておられる方には関係ない
のですが...

   
posted by メタボパパ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。