2009年12月15日

大好きなジャクリーヌ・デュ・プレ

 
本日、季刊・アナログ(analog)誌が発売されます。
今回記事は、アームの高さと、トラッキングエラーにつ
いてです。もし、ご興味がございましたら是非一読を。

リンマジックLP12の使いこなしのほかに、レーベル
ごとのレコードを聴いたインプレッションを載せている
のですが、実は自分自身が、レーベルについて詳しく知
りたいと常々思っていたのです。

オリジナルの判別は、番号、レーベル、スタンパーの他
にもグラモフォンコードやら、再発で新しい番号が付い
たりと、なんやかんやで、非常にややこしく、不明なこ
とが多いのか、まとまった本を見たことがありません。

仕方なくこつこつと情報を収集しているのですが、片手
間作業なので思うように進みません。

どなたか、曲目、演奏者、番号、レーベル等が一対一で
対応できる一覧表を持ってませんでしょうか?
(書物より、データ化されているとベスト)

私の場合は、最初に出た番号と、そのオリジナルレーベル
ならそれでOKとしているのだが、今回の記事に載せた
ASDはSAXやSANの再発やメロディア盤も含まれ
るので、本当にややこしいレーベルで困っています。


ま、文句はここまで...


ジャクリーヌ・デュ・プレは、ほとんどの録音をASD
レーベルに録音しており、人気もあるので初期盤は非常
に高価であるが、演奏も録音もいいので、チェロ協奏曲
なら、どの作曲家でも聴いてもらいたい。

今回のanalog誌にも載せたけど、デュ・プレの中では一
番シューマンのチェロ協奏曲が好きだ。

高校生の頃、ジャケットの女性の眠っている絵が気に入
って買った(今も実家にある)のだが、JBL4343
で聴いたチェロの太く力強い音色に圧倒された。

B.jpg E.jpg
デュ・プレ/バレンボイム/シューマン:チェロ協奏曲
英HMV ASD2498

その後、徐々に買い足して、彼女のチェロ協奏曲は一通
り揃った。(別の機会にご紹介します。)

本などの情報であらかじめ知っていた有名な演奏家を好
きになった訳ではなく、たまたま聴いたレコードで好きに
なった演奏家が、今でも好きなのは

 ”刷り込み”

のせいなのかも知れないが、何で他の人も好きなのだろ
うと不思議に思うことがある。

フルトヴェングラーにせよ、バルビローリにせよ、今回
のデュ・プレにしても...やはり、”気”を集める何
かがあるのだろう。


またまた、話は戻ってanalog誌について、

アンケートで面白かった記事に記入してもらえたら、う
れしいですが、つまらなかった記事にはくれぐれも記入
しないで欲しいもんです。

そういえば、編集者の方から、面白かったともつまらな
かったともアンケートの結果を聞いたことがなかったで
す。(もしかすると...怖くて聞けません。)

  
posted by メタボパパ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。